• 2017/12/19
  • 3628view
  • thanks!(18)
  • インド
  • 留学準備

インド留学で「IT×英語」!将来の出世につながるかも!?

インドと聞いて、最初に何が思い浮かびますか?

「カレー」「ヨガ」「人が多い」「おしゃべり」等、、様々あるかと思います。
そんな中、「IT国家」と答える人も多いのではないでしょうか。
そうです、インドはIT国家として世界中から注目を集めている国なのです!

今回はそんなIT国家で「IT×英語」を学ぶメリットについてご紹介します。

1 世界が注目する国、インド

1 世界が注目する国、インド

インドが中国を抜いて、ついに人口世界一になろうとしていることはご存知ですか?

さらに平均年齢は約25歳と非常に若く、今後の成長が最も見込まれている国です!

また、GoogleやMicrosoft、Adobe等の世界を代表するIT企業のトップにインド人が就任したのはご存知でしょうか?

つまりインド人が世界のITを動かす歯車を握っているといっても過言ではないのです!!!

日本とインドの関係も向上しており、インド人が日本に働きに来るといったことや、世界の舞台でインド人とともに働くといった日本人が今後急激に増加すると考えられています。

そんなインドでITを学ぶということは、世界の舞台に足を踏み入れるということ。
みなさんの将来にとっての大きなアドバンテージになるのではないでしょうか?

2 デジタル都市世界一、バンガロール

2 デジタル都市世界一、バンガロール

みなさんはバンガロールという都市をご存知ですか?

バンガロールは一年を通して乾燥した時期が多く、気温は日中25~28度で天気は晴れという恵まれた環境のため、「インドのガーデンシティ」として注目を集めています。

ただそれだけではなく、Googleの本社が置かれていることや多くのインド人起業家がバンガロールの出身でありインドのITをけん引しているため、「“インドの”シリコンバレー」とも呼ばれているのです。

しかし2017年、英経済誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が世界45都市の企業経営者2620人を対象に実施した調査において、「インドのシリコンバレー」が「本家シリコンバレー」を抜いて「デジタル都市世界一」に選ばれてしまったのです!

たしかに生活をしていても、デジタルでなんでもことを済ませることが可能です。
配車アプリUberやOla!を使ってドアtoドアでの移動をし、支払いは電子決済Paytmで現金いらず、食事はデリバリーアプリSwiggyで頼めばレストランに出向く必要はありません。

もしかしたら今後、シリコンバレーが「“アメリカの”バンガロール」と呼ばれる日が来るかもしれないですね、、笑

そんなバンガロールのITを肌で感じながら留学すれば、将来のCEOと友達になれたり、他人とは違うITの感覚が研ぎ澄まされるかも!?

★インド・バンガロールに関する記事をチェック!
南インドお勧めスポット4選!バンガロールからスピリチュアルな旅
安くて便利で旅行もできる!インド留学・バンガロールのメリット
留学を就職に活かすならインド・バンガロールへ行くべき!その理由
インドの治安って本当に悪い?バンガロールの治安事情!

3 公用語として使われる英語

3 公用語として使われる英語

インドで話される言葉はヒンディー語、、そのイメージは覆されつつあるのかもしれません。

インドにて第二の公用語として英語が話されていることはご存知の通りですが、多くのインド人同士の若者は英語で行われているのです!!

その背景にはインドの教育環境の向上があり、都市部のほとんどの若者は小さいころから英語を勉強しています。 巷で言われる「ヒングリッシュ」も少しずつ減ってきているのです。

インドでITを学ぶということはもちろん授業や課題は英語。

これはチャンスではないでしょうか?

インド人がおしゃべりなことも相まって、インドでは英語を話す機会に恵まれています。
そのため自然と英語での会話量は増え、気づいたら英語での授業や課題に違和感がなくなってたなんてこともあることでしょう。

今後の将来出世や新しいキャリアにとって必須となる「IT×英語」を身に着けるにはここインドがベストだといえるでしょう!

まとめ

インドで「IT×英語」を勉強するメリットをご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

SPICEUP Academy では将来グローバルに活躍したい人向けに「IT×英語」のプログラムを推進しています。
Startup Ignition Program

最初に語学学校で英語の基礎を固めてからITの授業に参加したり、英語とITの授業を同時に進めていったりなど、期間もプログラム形態も自分に合わせて決められるので、自分が一番成長できる形でプログラムを進めていくことが出来ます。日本国内でも国外でも、これから活躍していくんだ!と考えている方にはぴったりのプログラムです。

まだまだ留学先としてメジャーではないインドだからこそ、他人にはない自分だけの経験やスキルを身に着けませんか?

★ITだけじゃない!インドで学べることとは…?
インド留学の活用方法は1つだけじゃない!もっともっと自分の将来に生かそう!

留学してみたい、でも何から始めればいいかわからないという方は…
無料:留学初心者説明会

【おすすめサイト】
インド留学の口コミは留学thank you!

マイリスト
に追加

記事に関するキーワード

バンガロール(7) インド留学(12) IT留学(2)

このコラムが参考になったらクリック

18人の人が参考になったと言っています。

thankyou

このコラムの著者

Naoki

こんにちは!南インドバンガロールのSPICEUP Academyでインターンをしています!
インド留学や生活に関する情報を自分の経験を交えながらご提供していきますので、よろしくお願いします! この著者の投稿一覧 >>