• 2018/12/10
  • 225view
  • thanks!(1)
  • カナダ
  • 海外生活情報

バンクーバーでのワーホリ、生活費・節約術

留学前に、多くの人が一番最初に調べるであろう、留学資金問題!家賃の相場などは、年々変動するため、具体的な金額をお伝えすることは難しいのですが、バンクーバーでは、何が生活費としてかかってくるのか、どういった費用を節約できるのか、ということをご紹介します。

1. 生活費

1. 生活費

-居住費
ワーホリで渡航しても、初めの3か月は、語学学校、語学学校とセットでホームステイに申込み、学校が終わると同時に 、シェアハウスへ移動、と計画されているという方も多いかと思います。 バンクーバーのダウンタウンの場合、アパートを数人でシェア、ということがほとんどです。 一方、郊外になると、一戸建てのワンフロアーを賃貸に出している大家さんもいるので、その場合は、少し広めのスペー スを確保できそうです。

-定期代
やっぱりダウンタウン、価格は高いので、ホームステイ先のように【郊外で比較的安い家賃+定期代】か、【定期代はか からないダウンタウンに住んで、それなりの家賃を払う】、という2つの選択肢がありますが、どっちも同じくらいの費 用になるので、職場の立地も考慮して検討してみてください。

-食費
バンクーバーの外食は高いです。また、飲食代(税金除く)の10%~15%程度のチップが発生します。飲食店の仕事だと、 賄いが出るようですが、無料のものから、スタッフ割引、というかたちで安くなる、というところなど、まちまちです。

-携帯代
ワーホリで仕事を探す際には、必ず必要なものです。 日本からSIMロックが解除されている携帯を持ってきて、SIMカード(現地の番号)を契約、ということもできますが、機 種によっては、周波数の違いによって、カナダ現地で使えない可能性もありますので、事前に契約予定の通信会社をチェ ックしましょう。ほとんどの会社では、月々の契約をするものと、プリペイド式、と2つの選択肢を提供しています。 ちなみに、Lineなどのアプリでの通話は、カナダ人は、FacebookのMessangerやWhatsAppがメインですので、地域コミ ュニティーに参加したい、というかたは、携帯電話(番号)が、必須です。

-交際費
バンクーバーでは、夏にキャンプや、ハイキング、冬は、ウインタースポーツ、と、様々なことが体験できるだけでなく 、近くにビクトリアから、シアトルまで、観光地も多くあります。学校の友達に誘われて、アクティビティーに参加した 場合には、交通費の他、観光先の入館料などが発生します。【お小遣い】としての予算を組んでおくことをお勧めします。

2. 保険料

2. 保険料

ワーホリビザで仕事をするときだけではなく、語学学校に通う留学をした場合にも、必要なものです。ほとんどの語学学校では、海外旅行保険の加入が義務付けられています。また、海外旅行保険は、医療だけではなく、盗難など、様々な内容がカバーされますので、もし、クリニックで日本人通訳を付けたい、となった場合に、追加料金が発生しないためにも、入っておきましょう。

3.節約できるもの

3.節約できるもの

上記の中で、節約できるものを紹介します。

-居住費
シェアハウスにした場合、1LDKを2人でシェアをして、リビングとダイニングをカーテンで仕切ったところを部屋とし ているとことろもあります。リビングを選んだ場合には、プライベートを守れるベッドルームよりは、安く済みます。

-食費
これが一番、工夫次第で、節約できる部分です。外食だけではなく、お惣菜を含め、冷凍食品など、加工食品は高い傾向 にあるので、自炊をメインで生活した場合、100ドル単位の節約になります。

-保険料
学校によっては、クレジットカード付帯の保険証明書(クレジットカード会社に発行してもらうもの)でも、受け入れ可能 です。また、学校で提供している医療保険もあり、若干安く済みますので、節約できる費用といえます。 ただ、学校就学中のカバーになるのか、卒業後(ワーホリで仕事をする期間)もカバーしてくれるのかは、事前に確認をす ると同時に、医療通訳を付けたい、クリニックに行ったけれども、先生の言っていることが分からなくて通訳が必要とな った場合に、保険でカバーされず、別途費用が掛かるということも、ご注意ください。

まとめ

まとめ

ワーホリビザで入国して、3か月ほど、語学学校に通って、仕事を始める場合には、語学学校と、就学中のホームステイ 費用を払った後の残高が、80万円程度は、あった方がいいでしょう。また、ワーホリの準備段階として、パソコン、カ メラなどの電子機器を買ったり、航空券を購入しなくてはなりません。準備で、思ったより、費用がかさんでしまい、ワ ーホリを1年間使いきらずに、帰国なんてことにならないためにも、余裕をもって資金準備をしてくださいね。

カナダ留学について興味を持った、もっと知りたいという方は…
無料:カナダ留学説明会

【おすすめサイト】
カナダへの語学留学はバンクーバー留学センター
カナダへの語学留学はトロント留学センター
カナダ留学の口コミは留学thank you!

マイリスト
に追加

記事に関するキーワード

バンクーバー(8) ワーホリ(11) 留学(16) カナダ(5)

このコラムが参考になったらクリック

1人の人が参考になったと言っています。

thankyou

このコラムの著者

SELCバンクーバー

SELCバンクーバーは、小規模校であることを最大限に生かし、教師と生徒、生徒と生徒との交流がしやすい環境を整えています。
この環境こそが、お互いの意見を述べやすく、多面的な意見を受け入れる柔軟性を身につける場となっています。
留学初心者が気になること、”留学”で終わらせない、グローバル人材になるための情報など、バンクーバー現地から発信していきます! この著者の投稿一覧 >>