• 2022/11/10
  • 84view
  • thanks!(0)
  • アイルランド
  • 海外生活情報

アイルランドでもできる、ファームステイ

こんにちは!私は以前、アイルランドにワーキングホリデーで2019年から2年間滞在(※)していました。その時に1カ月間ファームステイをしてきたので、その経験をシェアしたいと思います。
※ワーキングホリデーは通常1年間のビザですが、コロナウイルスの影響でビザ延長措置を受けました。

1.ファームステイとは?

1.ファームステイとは?

ファームステイとは、基本的には住み込みで農業などの仕事を手伝いながらファームに滞在することです。
ファームステイといえばオーストラリアやニュージーランドのイメージがあるかもしれませんが、アイルランドでもファームステイができます!

果物や野菜を育てる植物系のファームも、羊や牛の動物系のファームもあります。

有給のファームステイもありますが、私がしていたのは住み込みの無給ファームステイ(ボランティア)です。
牧場で働いて、その代わりに無料で食事と住処が提供されます。

アイルランドコーク地方にあるFermoy(ファーモイ)という小さな町にある牧場で仕事をしていました。
ファームステイ先の見つけ方はHelpXやWWOOFなどいくつかありますが、有料の会員登録をして情報をみることができます。私はHelpXを使いました。

2.ファーモイとは?

2.ファーモイとは?

アイルランド三大都市のひとつであるコークからバスで約1時間の場所にある人口6千人ほどの小さな町です。

自然豊かな場所で牧場がいくつかあり、ファーモイ産の牛乳やチーズ、アイスクリームはよくスーパーで見かけます。

人口からもわかるように街の規模はかなり小さく、徒歩で短時間で歩きまわれてしまうほどです。
牧場はファーモイの町から徒歩で20分ほどの場所にありました。

3. ファームでの生活

3. ファームでの生活

ファームでは大体複数人のボランティアがいて、一緒に生活していくことになります。
もちろん国籍がバラバラなので、全く生活習慣や文化が違う人たちとの生活は大変な面もありつつ、非常にいい経験になると思います。

基本的に1人1部屋が与えられ、お風呂やトイレは共同です。ベッドや机のみの小さな部屋ですが不便はありません。

労働時間は労働先によりますが、私は1日平均6時間、週に1回9時間の日がありました。
休みは週2日あり、その日はコークへ遊びに行ったり、部屋でのんびりして過ごしていました。

私の主な仕事内容は牛の乳しぼり、子牛の世話、牛の小屋の掃除でした。
牛の乳しぼりが労働の大きな比重を占め、朝6時半と夕方17時半の1日2回 2時間ずつおこないます。この乳しぼりはボランティア全員でおこなう仕事で、他の仕事は担当が割り当てられていました。
週に1日牛乳を作ってチーズ作りをする日があり、その日は9時間と労働時間が長くなりましたが、チーズ作りは興味深かったので辛さは感じませんでした。

4. 1日のスケジュール

4. 1日のスケジュール

牧場の朝は早いです!
5:50 起床
6:10 準備開始
6:30~8:30 牛の乳しぼり
8:30~10:30 牛小屋の掃除や子牛の世話
10:30 朝食
11:00~16:00 自由時間(町へ出かけるか、部屋でのんびり)
16:00 夕食
17:30~19:30 牛の乳しぼり
19:30以降 自由時間(他のボランティアとお喋りしたり、夜食をつくったりして過ごしていました。)
22:00 就寝

チーズ作りの日は上記スケジュールから自由時間が減り、日中にチーズ作りをしていました。

またスケジュールを見て驚かれた方もいるかもしれませんが、基本的に1日2食で、夕食が16時とかなり早い時間でした。
その理由としてはファームは基本的に朝が早いことと、夕方や夜にも仕事があるからです。

簡易キッチンがヘルパー用の宿舎にもついていたので、夜はお腹がすいたら皆で夜食をつくって食べたりするのも楽しかったです。

食事はすべてオーガニックにこだわっていて、作り立てのヨーグルトやチーズが並んで非常に美味しく、毎日の楽しみでした。

5.ファームステイの注意点

5.ファームステイの注意点

当たり前かもしれませんが、外の仕事なので冬は寒さが辛いです!ファームステイに行くならば夏を強くお勧めします。私はスケジュールの都合上12月に行ってしまったので、特に寒い日には2度くらいの気温で大雨の中、外で何時間も仕事をすることになりました・・。

基本的にアイルランドの家は日本に比べ防寒がしっかりしておらず、エアコンがない家がほとんどなのでかなり冷え込みます。ヒーターはありますが日本のエアコンほど暖かくはなりません。
特にファームで用意されているボランティア用の部屋は簡易的な部屋がほとんどなので、ヒーターもなく夜は寒さのあまり眠れない日もありました。ファームステイにもし冬行かれる方はしっかりと防寒具を持っていくことをお勧めします!

上記だけ読むとかなり辛かった経験のように見えるかもしれませんが、まったく国籍がバラバラの人達と衣食住を共にし、初めての牧場での仕事にも携われ、滅多にできない経験ができたので本当にやってよかったと思える楽しく貴重な時間でした!

アイルランドに長期間行かれる方はぜひファームステイも候補にいれてみてください!

マイリスト
に追加

記事に関するキーワード

留学(86) ワーキングホリデー(21) 滞在先(6) アイルランド(7)

このコラムが参考になったらクリック

0人の人が参考になったと言っています。

thankyou

このコラムの著者

国で探す

キーワードで探す