• 2018/01/18
  • 1929view
  • thanks!(1)
  • カナダ
  • 留学準備

訛りが無い英語?聞き取りやすい英語?ネイティブに近づきたい人へのヒント

なぜ、バンクーバーを留学先として選んだのか、と聞くと、『英語が訛ってないと聞いたから』や、『聞き取りやすいと英語だと聞いたから』という回答がたくさんでてきます。

訛っていないとは、いったいどうゆうことなのか、きれいな発音、聞き取りやすい英語の実態とは何でしょう。

1. Canadian English

1. Canadian English

カナダの英語とアメリカの英語は、違うのか。イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなど、英語圏の国でどこが聞き取りやすい、など、留学先の国選びの基準にもなりえる訛りについてですが、そもそも、訛りとは何でしょう。

日本でいうと、標準語、東北弁、関西弁など、地域によるアクセントといったところでしょうか。もちろん、方言によって、単語が違うように、イギリス英語とカナダ英語でも、単語が違うこともあります。

この訛りは、個人差もありますが、カナダ英語を聞き取りやすいという留学生は、多いです。
ただ、バンクーバーに関して言うと、第一言語が英語ではない国からの移民が集まっているため、様々な国の訛りのある英語が飛び交う都市ということだけは、気に留めておいてください。

2. 発音矯正の必要性

2. 発音矯正の必要性

日本人訛りの英語、いわゆるカタカナ英語からの脱却を目指し、発音矯正によってネイティブスピーカーのような英語を話したい、という 日本人留学生も少なくありません。この発音矯正ですが、本当に必要なのでしょうか。

日本語は、子音の後に必ず母音(a.i.u.e.o)がくっついて、ひとつのアルファベット(50音)ができますが、英語は、違います。 例えば、ツイッターというと、“TSUITTA”になりますが、英語では、“Twitter”ですね。このTの後に母音が入ることによって、ネイティブスピーカーにとっては、聞き取りにくい、という現象が起きている可能性は考えられます。

他者に聞き取りやすいと感じてもらうためにも、この日本語特有の部分を、ミニマイズ(縮小)することが、ネイティブスピーカーの英語に近づける(コピー)するという手段よりも必要なのではないでしょうか。

3. 『Globish』を目指す

3. 『Globish』を目指す

『Globish』という言葉を聞いたことありますか。『Global English』の略です。
まず、英語は、英語を母国語とする【ネイティブスピーカー】とのみコミュニケーションを取る方法なのでしょうか。

答えはNoですね。

英語圏以外の人であっても、別の言語を話す人とコミュニケーションを取る共通語としても使われます。そんな中で、生まれたのが、『Globish』です。 要するに、『英語のネイティブスピーカー』になろうとしなくてもいいのです。英語をツールとして、きちんとコミュニケーションがとれる、『Globishスピーカー』になれれば、グローバル人材のひとりになれるのです。

まとめ

まとめ

ネイティブスピーカーに近づきたいと努力や勉強を重ねることは、とても大切です。
ただ、日本語でも同様、標準語の人が“関西弁”をコピーすることはできても、関西弁を話す人(ネイティブスピーカー)にとって、その“関西弁“はマネでしかありません。

ネイティブスピーカーの発音のコピーをしなくても、意思疎通が問題なく取れて、誤解が生じない、分かりやすく、論理的に会話を成立させられる『Globish』を使いこなせるスキルが大事なのではないのでしょうか。

カナダ留学について興味を持った、もっと知りたいという方は…
無料:カナダ留学説明会

【おすすめサイト】
カナダへの語学留学はバンクーバー留学センター
カナダへの語学留学はトロント留学センター
カナダ留学の口コミは留学thank you!

マイリスト
に追加

記事に関するキーワード

カナダ留学(28) バンクーバー(11) 英語(23) 訛り(4)

このコラムが参考になったらクリック

1人の人が参考になったと言っています。

thankyou

このコラムの著者

SELCバンクーバー

SELCバンクーバーは、小規模校であることを最大限に生かし、教師と生徒、生徒と生徒との交流がしやすい環境を整えています。
この環境こそが、お互いの意見を述べやすく、多面的な意見を受け入れる柔軟性を身につける場となっています。
留学初心者が気になること、”留学”で終わらせない、グローバル人材になるための情報など、バンクーバー現地から発信していきます! この著者の投稿一覧 >>