• 2018/04/21
  • 13587view
  • thanks!(3)
  • イギリス
  • 観光情報

イギリス、バッキンガム宮殿の衛兵交替式を楽しむために知っておきたい5つのこと

ロンドンでの観光と言えば、衛兵交替式を思い浮かべる人も多いはず…!
衛兵交替式の基本から楽しみ方までお伝えします!
これを読んだら、ただの「観光名所」とは思えないはず!?

1、衛兵とは!?

1、衛兵とは!?

君主の警護や衛兵任務だけでなく、一般の軍隊と同様に実戦部隊としての任務もこなしており、そのための訓練や最新装備も支給されている軍人の集団です。 王室騎兵2個連隊と近衛歩兵5個連隊で形成されており、連帯によって、制服のボタンの配列や帽子の飾りも違いますので注目です。 また、サマー・タイムを境に夏服(赤)と冬服(グレー)で制服も変わります!
ちなみに、、、
騎兵隊の交代式は毎日11時から、ホースガーズにて行われ、The life guards(赤い服)とthe Blues & Royals(青い服)がいますよ!

2、衛兵交代式とは!?

2、衛兵交代式とは!?

バッキンガム宮殿とセントジェームズ宮殿(St. James’s Palace)の警護を終えた衛兵(Old Guards)とこれから警護に向かう衛兵(New Guards)が交代する模様のことです。
衛兵の宿舎は、Wellington Barracks(ウエリントンバラック)と言い、セントジェームズパーク駅の近くにあり、New Guardsはここから出てきますし、Old Guardsはここに戻っていきます。
歩兵隊に加えて、騎兵隊の交代式もありますので、見どころは満載ですよ!

衛兵交替式は、4月から7月末までは毎日、その他の月は隔日で行われます。

3、女王様がいらっしゃる日か、そうでないか!?

3、女王様がいらっしゃる日か、そうでないか!?

ご存知のように、バッキンガムパレスはエリザベス女王のお住まいです。 たまたま移動時間に重なれば、お目にかかることが出来るかも!?!?

女王がいらっしゃるか、ご不在かどうかはバッキンガム宮殿の上に掲げられている旗でわかります。
ユニオンジャックの日:女王ご不在
英国王室の旗の日:女王がいらっしゃる日
女王がいらっしゃる日には、騎兵隊の大将がラッパを持って出てきますので、注目です★

4、衛兵交替式の一連の流れは!?

4、衛兵交替式の一連の流れは!?

一連の流れを時間を追ってご紹介させていただきます!
分刻みのスケジュールを毎日こなしていてすごいですよね・・・。

朝10:30頃
Wellington Barracksからセントジェームズ宮殿に向けて、バンドまたは鼓笛隊が楽器を持って (演奏せずに) 、行進します。

11:10頃
バッキンガム宮殿の奥からOld Guardsが、前に出てきます。

11:25頃
Wellington BarracksからNew Guardsがバンドに先導されて、バッキンガム宮殿に向かいます。

11:30頃
いよいよ Old GuardsとNew Guardsの交替がスタートします!
交替の間は、バンドによる演奏があります。
その間に、New Guardsの一部がバッキンガム宮殿内に入って、Old Guardsと交替して、その後Old Guardsが前庭に出てきます。

11:35頃
New Guardsの一部がセントジェームズ宮殿に向かい、残っていたOld Guardsと交替。
(宮殿に衛兵がいない状態には出来ないので、少しずつ交替するというシステムです。)

11:50頃
セントジェームズ宮殿からOld Guardsの残りの人が、バッキンガム宮殿に戻ってきます。

12:00頃
Old Guardsがバンドに先導されて、Wellington Barracksに戻ります。

12:05頃
New Guardsがバンドや鼓笛に先導されて、セントジェームズ宮殿に向かいます。

12:15頃
バンドや鼓笛隊がセントジェームズ宮殿から行進して(演奏せずに)Wellington Barracksに戻ります。

これにて終了です。

5、どこで衛兵交替式を見る!?

5、どこで衛兵交替式を見る!?

さて、衛兵交替式をみるベストポジション。以下、参考にしてみてくださいね。

・バッキンガム宮殿内の交替式をよく見たい!
バッキンガム宮殿に向かって左手、柵に沿うように待っていることをオススメします。
2列目以降ですと、なかなか見えづらくなりますので、遅くとも10時前にはスタンバイすることをオススメします。

・バッキンガム宮殿の正門から出てくる衛兵が見たい!
バッキンガム宮殿正面のサークル内で待つことをオススメします。
こちらのサークル内は衛兵交替式が始まると、出入りがしにくくなりますので注意が必要です。

・衛兵も見たいけど、騎兵隊も見たい!
バッキンガム宮殿に向かって右手、宮殿の柵沿いまたは通路にて待機することをオススメします。
そうしますと、ハイドパークの方からやってくる騎兵隊を見つつ、衛兵も横目で見ることが出来ます。

・バンドの演奏をよく聞きたい!
バッキンガム宮殿の柵沿いで待つことをオススメします。
最近では、ポップスを演奏することもある衛兵のバンド。音楽を聞いているだけでも楽しいですよ。

・Old GuardsとNew GuardsがWellington Barracksに出入りする様子が見たい!
バッキンガム宮殿に向かって左手、セントジェームズパーク駅へ続く道路近くで見ることをオススメします。 バンドや鼓笛隊も通るので、迫力は満点です。

〈オマケ〉特別なイベントもあります!

〈オマケ〉特別なイベントもあります!

春から夏にかけて、毎年同じ日程ではありませんが、特別なイベントもあります。

・Gun Salutes

・Gun Salutes

王室の皆様のお誕生日や女王様の即位記念日等に大砲が鳴らされます。
オールドスタイルの大砲は迫力も満点!
ハイドパークやグリーンパーク、ロンドン塔などで開催されますので、運良くご滞在中に当たるようでしたら、のぞいてみては!?

・State Visit

・State Visit

各国のロイヤル・ファミリーや首相が訪英され、バッキンガム宮殿に滞在される場合には、衛兵交替式も特別バージョンになります。 バッキンガム宮殿に続くまっすぐ長い通り「The Mall」に国旗が掲げられたり、パレードがあります。
こちらはいつどなたかいらっしゃるかわかりませんので、随時ホームページをチェックしてみてくださいね。

・State Opening of Parliament

・State Opening of Parliament

毎年行われる国会開会式には女王様も出席されるため、馬車で国会まで移動されます。
その日は、The Mallから国会までにの道が封鎖され、人で溢れますが、女王や衛兵が勢揃いしますので、とても素晴らしいですよ。

まとめ

ただの観光、と思われがちな衛兵交代式ですが、実はバラエティがあったり、見学する場所によって 見え方が違ったり、そしてなにより、異国情緒あふれるイベントです。
ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか!?

バッキンガム宮殿の口コミを見てみる
イギリス・ロンドンのその他のおすすめスポットを見てみる
イギリス・ロンドンの留学について詳しく見てみる >

イギリス留学について興味を持った、もっと知りたいという方は…
無料:イギリス留学説明会

【おすすめサイト】
イギリスへの語学留学はロンドン留学センター
イギリス留学の口コミは留学thank you!

マイリスト
に追加

記事に関するキーワード

衛兵交替式(1) バッキンガム宮殿(1)

このコラムが参考になったらクリック

3人の人が参考になったと言っています。

thankyou

このコラムの著者

London_office

留学thank you! ロンドンオフィスの公式アカウントです。

ロンドン・イギリスに留学されるお客様の現地サポートと、カウンセリングや学校の期間延長の相談を承っております。

現地で仲間が見つけられる「YMS交流会」などのイベントも企画しています!

23D Tavistock Place, London, WC1H 9SE UK
Tel: +44-207-387-4685
この著者の投稿一覧 >>