• 2018/09/17
  • 1228view
  • thanks!(1)
  • イギリス
  • 観光情報

イギリス・ポーツマスの魅力【港町が好きな方必見!】

港町として有名なポーツマス。ロンドンから電車で一本なので、まだイギリスに慣れていなくても訪れやすいのではないでしょうか?こちらの記事では、イギリスでも数少ない港町・ポーツマスの魅力を、おすすめのスポットをもとにご紹介いたします。

1、 ポーツマスを一望できるスピンネーカータワー

1、 ポーツマスを一望できるスピンネーカータワー

ポーツマスハーバー駅から徒歩一分です。船の帆がうねっている様子に似せた形状からスピンネーカーと呼ばれるこのタワーは、ポーツマスの港町ポーツマスハーバーに位置します。高さは170メートルで展望室から市内を一望できることはもちろん、中には小さなカフェが併設されており、アフタヌーンティーも楽しめます。また、展望室から命綱を付けてタワーの外壁をおりたりのぼったりするというイベントも年に何度か開催されています。

スピンネーカータワーはウエディングの会場としても人気で、タワーを丸ごと貸し切ってパーティーを行うことができます。上空から景色を楽しむのもよいですが、地上からライトアップされたスピンネーカータワーを眺めるのも素敵です。タワーのまわりには大型のアウトレットモールがあるのでショッピングや食事ができるのも魅力です。

2、 サウスシービーチ

2、 サウスシービーチ

ポーツマスの南側に位置するサウスシービーチ。ビーチが砂ではなく小石でできているところが大きな特徴です。そのため、海に入ったりビーチでスポーツするのには適していません。しかし、夏でも過ごしやすい気候なので、ビーチで日光浴やホバーボートを眺めてゆっくりするのに最適です。ビーチ沿いには第二次世界大戦の博物館となっているサウスシーキャッスルや慰霊碑など歴史的な場所も多くあります。ポーツマスハーバーからフランスやポルトガルに出航している大型フェリーも見られます。夜にビーチに寝転がると周りに高いビルも明かりもないのでよら満点に星空がみえます。海岸沿いにはアイスクリーム屋さんやハンバーガーをテイクアウトできるお店がたくさんあります。ビーチや近くの公園でピクニックも楽しめます。

3、 サウス パレード ピア

3、 サウス パレード ピア

サウスパレードピアはサウスシービーチを少し歩くと見えてきます。ピアからは近くのワイト島や、天気が良いとフランスが見えるそうです。ここでは地元の方がイチ押しのフィッシュアンドチップスを楽しめます。テイクアウトしてビーチに座って食べるのも良いですし、併設されているパブで海を見ながら料理やお酒を楽しむのもいいですね。中にはゲームセンターやお土産屋さんもあり家族で訪れるのもおススメです。

4、 ザ テンスホール

4、 ザ テンスホール

ザ・テンスホールはミニゴルフとケーキやティー、アフタヌーンティーが楽しめる施設です。ゴルフ場は10の異なるコースがあり、クラブとゴルフボールが貸し出されています。グランドはほとんど平らな芝でできており、初心者でも楽しめるコースが多くあります。またお値段も4.50ポンドとお手頃で、家族や友人と気軽にゴルフが始められます。ゴルフのあとは、敷地内にあるケーキ屋さんでケーキとティーはいかがでしょうか。ゴルフをやりに来ただけなのに甘いにおいと笑い声につられてつい中に入ってしまいます。ケーキの種類も豊富で、サンドイッチやスコーンのアフタヌーンティーも楽しめます。閉店時間が18時と少し早いので、時間に余裕をもって行ってみてください。

5、 ナイト アウト

ポーツマスは言わずと知れたクラブの街です。イギリスではクラブが文化と呼ばれるくらい、老若男女問わずたくさんの人がクラブを楽しんでいます。数多くのクラブやパブがシティーセンターにあり、一夜でも多くのクラブが楽しめます。クラブごとに特徴がありR&B、ロックなど音楽のジャンルも違えば、バナナを一本持っていけば入場無料というような変わったイベントを催すクラブも多くあります。
どのクラブもボディーガードが見回っており、入場の際にきちんとIDをチェックするのでセキュリティの心配もありません。 学生や現地の方の中では、パブクロールという一軒の店では一杯しかのまないでどんどん飲み場を変えていくという飲み方が主流です。ビールに特化したパブやカクテルがたくさんあるバーなど多くのお店があるので、もしお酒が好きならパブクロールを試してみてはいかがですか?

6、 ワイト島

6、 ワイト島

ワイト島はポーツマスハーバーから船で45分の島です。島全体はロンドンよりも広く、夏には現地の方が多く訪れる有名な観光地です。 かつてのイギリス王室の離宮であるオズボーンハウスやキャリスブルック城など多くの文化遺産が残る島でもあります。ワイト島では、今では珍しい蒸気機関車に乗ることができたり、海に向かって落ちていくような急こう配のリフトを体験することもできます。また自然が多くあり、サイクリングやキャンピングなど自然のアクティビティを数多くできる所でもあります。観光地ということもあり宿泊施設には選択肢が多くあります。テントを張るキャンピングから、小さいコテージを借りたり一軒家をまるまる夏の間借りたりする滞在方法まで、自分にあった方法を選べます。また、ホテルもクイーンズホテルなど歴史を感じられるホテルから新しく建ったばかりのホテルまで気に入ったものが見つかると思います。

ワイト島では、ミュージックフェスティバルという3日間にかけたロックフェスティバルが年に一度開催されます。参加者は会場でキャンプすることが多いそうです。島でミュージックフェスティバルでキャンプなんて、素敵な思い出になること間違いなしです。

7、 オールドポーツマス

7、 オールドポーツマス

オールドポーツマスはポーツマスハーバーのすぐ南に位置していてる中世の街並みが残っているな港町です。この街には教会や城など数多くの歴史的な建物が残っています。中世の街並みや建築にに興味のある方は一度訪れてみてほしいところです。また、こちらはポーツマス唯一の漁港であり、小さな魚屋さんでは朝釣ったばかりの新鮮な魚介を仕入れることができます。この街の一角にあるスパイスアイランドインというパブはポーツマスで一番オススメなパブです。フィッシュアンドチップスやバーガーなど料理がおいしく、店の外にもテーブルがたくさんあります。海を眺めながら外で飲むビールは最高ですB&B(Breakfast and Bed) というホテルよりはお手頃価格で宿泊できるホステルもいくつかあり、週末など静かにゆっくり過ごすには最適な場所です。

8、 サイクリング

今までたくさんのポーツマスの魅力をご紹介してきましたが、その交通手段としてはウォーキングやサイクリングをおすすめします。ポーツマスは基本的にとても平らな地形をしているので、ウォーキングやサイクリングに適しています。ポーツマス&サウスシー駅で降車すると、近くに自転車を借りることができるサイクリングショップが何件かあり、2時間や半日、一日など自分に合った時間で借りることができます。海沿いを走るのも良いですし、オールドポーツマスや歴史的な住宅街を走るのも良いと思います。少し足をのばして20分くらい北のほうへ行くと、ポーツマスヒルという丘にも行くことができます。その丘からはポーツマスの街が一望できます。夜景をみるのもいいですし、少し冷えた冬に行くと満天の星空が見えます。

まとめ

ポーツマスのおすすめ観光地はいかがでしたか?ポーツマスは、多くの魅力的なアクティビティを楽しめたり、自然の中でゆったり過ごせたりなど魅力がいっっぱいです!他にはない港町で、ぜひゆっくりとしたお時間を楽しんでみてください!

イギリス留学について興味を持った、もっと知りたいという方は…
無料:イギリス留学説明会

【おすすめサイト】
イギリスへの語学留学はロンドン留学センター
イギリス留学の口コミは留学thank you!

マイリスト
に追加

記事に関するキーワード

ポーツマス(1)

このコラムが参考になったらクリック

1人の人が参考になったと言っています。

thankyou

このコラムの著者

Tokyo_office

留学thank you! 東京オフィスの公式アカウントです。

英語、フランス語、中国語にスペイン語など色んな言語の語学留学、ワーホリ、中学・高校、大学など幅広い留学の手配や相談を承っております。

気になる学校について、プロのカウンセラーがご案内します。
お見積り依頼や個別相談は無料です!どうぞお気軽にお問い合わせください。

東京都渋谷区渋谷2-16-5 
マニュライフプレイス渋谷12F
渋谷駅から徒歩5分!

Tel: 0120-419-209 / 03-3498-4475
この著者の投稿一覧 >>