• 2019/05/02
  • 603view
  • thanks!(1)
  • フランス
  • 海外生活情報

フランス語⼒0の私が、携帯電話契約をしてみた!

こんにちは!2019年4月からフランス・Annecy(アヌシー)というスイスにほど近い街に越してきた、ライターのらいちゅうです。渡仏して早くも1週間…。この間に銀行口座を開いた訳ですが、今日は携帯電話の契約にもチャレンジしました!

私がカナダへ大学留学していた10年前くらいは、携帯電話もまだスマートフォンではありませんでしたし、携帯が無くてもなんとな〜く生活できていましたが、今は電話からインターネット、銀行アプリでのお金の管理や自分のスケジュール管理、写真の保管や編集などを全て携帯でやっているので、携帯が繋がらないなんて不便!無理!と感じてしまいます…。恐らくこれから留学される皆様もそうだと思うので、今回は気になるフランスの携帯事情についてレポートしてみたいと思います☆

1、 日本での事前準備 SIMフリー機種とは?

1、 日本での事前準備 SIMフリー機種とは?

ほとんどの読者さんは、日本ではきっとIphoneやスマートフォンをお使いですよね?私はIphone8のユーザーで、docomoと契約していました。海外で携帯を持つためには大きく2つの方法があると思います。1つはフランスで携帯契約時に携帯本体の機種も購入する方法、もう一つは、日本で使っている機種のSIMをフランスで新たに契約した携帯会社のSIMに変える方法。どちらも可能な方法ではありますが、今は「SIMを変える」のが一般的な方法になりつつあると思います!

「SIM」とは携帯本体に携帯番号を付与しているチップカードのことで、携帯本体に内蔵されています。SIMが⼊っているからこそ、例えば私の場合ですが、携帯がdocomoの回線で使え、且つ、080ーxxxxーxxxxという番号の携帯として使えている訳です。日本の携帯会社で買う多くの機種は、購入時はこの「SIM」は勝手に入れ替えができないようにロックが掛かっていますので、留学前に携帯会社へ行きこのロックを解除してもらいましょう!(※最近は予めSIMロックが解除されているSIMフリー機種も売られているみたいなので、留学前に機種変更をお考えの方は、SIMフリー機種で買うと楽だと思います ☆)

SIMロック解除はほとんどの場合、携帯会社へ依頼すれば解除してもらえるようですが、契約期間が依頼時点で半年未満だったり、例えば、iPhoneだと6Sより前の機種だと解除してもらえないなど、携帯会社によって解除ができない例外もあるようなので、必ず契約している携帯会社に確認して下さい。因みに、docomoだと店舗で依頼しお店の方にロック解除の操作を行ってもらうのは3000円程かかりました。Dアカウント(docomoの契約者が持っているマイアカウントです)にログインしてオンライン上から自分でロック解除の操作を行うこともできるそうで、この場合は無料でできるみたいですよ☆

2、日本での事前準備 解約か凍結か?

2、日本での事前準備 解約か凍結か?

次に日本の携帯の契約をどうするか…。留学中も月々の使⽤料を払い続けるのは勿体無いですよね。こちらも方法としては大きく2つがあります。一つは携帯の契約を解約する方法、もう一つは、契約を凍結する方法です。

前者は言葉の通りで、今の携帯会社との契約を解約することです。解約なので、今使っている080や090ーxxxxーxxxxの番号や携帯のメールアドレスは無効になり消えてしまいます。勿論、解約後は電波も入らないので、電話も繋がりませんし4Gも入りません。ですが、スマートフォンやIphoneであれば、WiFiに接続できれば引き続きLINEやInstagramといったSNSは使うことができます。解約時に契約の縛りが残っている状態での申し出の場合は、キャンセル料や携帯の機種購入の分割料金の残金支払いなどを要求されますので、解約のタイミングもなかなか重要かもしれません…!

後者は月々400−500円程の保管料を携帯会社に納める代わりに、携帯番号と携帯のメールアドレスを保管してくれ、且つ、月々の契約代金は支払いなし!という超便利で使えるサービスです!この場合、携帯会社との契約自体は継続していくことになるため、携帯の解約料の請求はされません。また、もし機種代金の分割払いが残っている場合は、その支払いは継続して保管料の支払いと一緒に引き落とししてもらえたり、留学から帰国後に保管サービスをキャンセルするタイミングで、そこから分割分の引き落としを再開してもらえたりするようで、留学後、いずれは⽇本に戻ってくることが分かっている方や、大学留学などの長期留学の方でも夏休みは日本に帰ってくる方は、保管サービスを利用するのが 色々と便利な気がします。私も係りの方から説明を受け、今回は保管サービスを利用してみることにしました!

私の例(docomoの場合)になりますが、保管サービスは申し出したらその場から適応となってしまうそうで、docomoショップでお話しを聞いた時には申し込みをせず、渡仏の前日にdocomoのサービス電話番号宛に携帯から電話し、オペレーターの方と話しながら作業しました。作業自体は何も複雑でなく簡単だったのですが、オペレーターに繋がるまでに30分くらいかかりました…。ショップで話した店員さんは、「飛⾏機に乗る直前に空港から電話して保管サービスへ申し込みをすると良いですよ」なんて言ってましたが、とてもそんなスムーズに繋がる感じではなかったです…。携帯会社や電話する時間帯によるのかもしれませんが、皆さんももし電話で行う場合は注意して下さいね。

保管サービスは、手続き完了後10分くらいでdocomoの電波と4Gが入らなくなりました。なので、保管サービスのキャンセルを申し出しない限りは、解約時と同じようにWiFi環境下のみでSNSだけ利用できる感じになります。お家にWiFiが無い方は渡仏前⽇は少し不便になってしまうかもしれませんが、致し方ないですね…。因みに、保管サービス利用時は、帰国後にまた同じ番号(=SIMカード)を使いますので、フランスで携帯を契約しSIMカードを入れ替える場合は、日本で使っていたSIMカードは無くさないように厳重に保管して下さい。

3、フランスにはどんな携帯会社があるの

3、フランスにはどんな携帯会社があるの

フランスの携帯会社も日本と同じようにいくつかの主要な会社があるようです。シェア率が高い順に見ていくと、下記のようなラインナップになっています。

Orange 日本でいうドコモ。電波のシェア率が国内最大で、田舎でも安心。
SFR 固定電話、WiFi、携帯など一体化のオファーが沢山ある。今後は5Gの取り扱いも始めるかも…?
Bouygue Telecom 大都市で繋がりやすい。4G+という4Gより速い通信ができる。サービスがイマイチとの声も。
Free 格安プランを打ち出し業界参入したインターネット会社。


どの携帯会社と契約しようかを調べた際に、どの会社もプランや料金、サービスにそこまで大きな違いはないように感じましたが、やはり「Free」がプラン料金的に安かったです。Freeは日本で言うといわゆる「楽天モバイル」や「ヤフーモバイル」のような存在で、格安会社として携帯業界に参入した会社なため、他3会社と比べてもプラン料金が安かったです。フランスの携帯業界は、Freeの参入で他会社も価格が下がり価格競争が起こったのだとか…。

今の時代、携帯で行うことの多くは4Gのデータ通信に担うところが大きいので、今回はデータ容量にフォーカスし各会社の料金を調べてみました。そのところ、40−60GB(ギガ)のデータ通信料が付くプランが各会社から多く出ており、Orangeは€30くらい、Freeだと€8くらいの月額料で契約できることが分かりました!私は日本ではたった5Gのデータ通信で、携帯料金は機種代の分割料も入れ月約1万円払っていましたので、フランスの携帯会社のこの月額料の安さにはびっくり…!Orangeのプランも日本と比べるととても安く条件は何倍も良しなので契約は有りでしたが、少しでも出費は少くしたい…と思い、今回はFreeで契約してみることにしました。

4、いざ、契約!

4、いざ、契約!

Freeの場合ですが、店舗に行かずともFreeのウェブサイトから申し込みが完結できました。オンライン上で申し込む場合は、店舗申し込みだと求められることが多い身分証明書 (=パスポート)や住居証明書なども不要でした。ですが、申し込み過程で⼊力する個人情報欄で、料金引き落としの口座情報を入力する必要があったので、携帯契約は銀行座の開設が完了してから行うのがお勧めです☆

オンライン上から申し込みを完了させると、その場で自分の電話番号は決定します。因みに、番号はいくつかの選択肢の中から好きなものを選ぶことができました。その後、約2日で登録した住所宛にSIMカードが届きました。SIMはオンライン上にログインしアクティベートを完了させたら、電波&4Gともにすぐに入り使うことができました!

因みに、Freeの使用感について…。私のプランの4Gはなんと60G!フランス以外のEU圏でも20G付いてきます。これで安いとはもやはなんの問題ないのでは?!と思いましたが、FreeはやはりOrangeと比べると電波のシェアは良くないようで、山間部や街が遠い 高速道路路上では圏外になったり、Orangeでは4Gの田舎街でもFreeは3Gだったりします。 また、Freeの場合スイスはEU圏外の扱いになるようで、うっかりスイスでデータを使ってしまうと高額請求されます…!OrangeだとスイスもEU扱いになるようなので、こういったところが格安会社といった感じですかね。因みに、先日スイスへ行った際にそれを知らずにうっかり5分ほど4Gを使ってしまった私は、€50を請求されました…。それでも月額料金は日本時代より安い…と思うようにしますが、ショック大です。(泣笑)

5、まとめ

携帯契約は思っていたよりもシンプル且つ簡単にできました。Freeだったからかもしれませんが、店舗に行く必要もなかったので、時間がある時にネットで調べてそのまま契約という、渡仏後まだバタバタしている留学生には時短になりとても嬉しいのではないかなと思いました。充実したフランス生活に携帯は欠かせないと思うので、ぜひ渡仏後は早い内に携帯契約に行かれて下さい☆

フランス留学について興味を持った、もっと知りたいという方は無料説明会へ

【おすすめサイト】
フランスへの語学留学はフランス留学センター
フランス留学の口コミは留学thank you!

マイリスト
に追加

記事に関するキーワード

生活(9) 携帯(1) 情報(2)

このコラムが参考になったらクリック

1人の人が参考になったと言っています。

thankyou

このコラムの著者

らいちゅう

小学生でオーストラリア、高校生でカナダへ短期留学を経験。
18歳からはカナダの大学へ進学し、学生と社会人で6年滞在しました。
現在は仏語を習得すべく、フランス・アヌシーで語学留学中です!
趣味はフィルム写真を撮ること、美術館巡り、旅行も好きです。(^▽^)/
========
カナダ、アメリカ、フィジー、ニュージーランド、オーストラリア、フィリピン、台湾、タイ、イギリス、フランス、ベルギー、イタリア、クロアチア、チェコ、スロバキア、ウクライナ、ポーランド、スイス この著者の投稿一覧 >>

人気コラムランキング

人気学校ランキング

ライター募集