• 2019/12/13
  • 147view
  • thanks!(0)
  • 留学準備

海外留学は社会人でするべき? 大学生でするべき?  社会人留学の特徴と大学生の留学との比較

海外留学が珍しくなくなった今、社会に出てからも留学に行く人が増えています。しかし、社会人留学に関してはネガティブな意見も多く、チャレンジしたいけど二の足を踏んでいる人が多いのが事実です。

では、本当に社会人留学はデメリットばかりでしょうか? そして、社会人留学と大学生の留学を比較したとき、最適なのはどちらでしょうか?

こちらでは、社会人で語学留学半年間、ワーキングホリデー1年間という、退職を伴う長期留学を経験した筆者が、社会人留学の特徴と大学生の留学の特徴を比較してご紹介します。

社会人留学の特徴1:休職・退職が必要

社会人留学の特徴1:休職・退職が必要

留学のための長い休みがとりにくいのが社会人留学の最大の悩みと言えるでしょう。休職制度を利用して留学できる例は稀です。仮に休職できても、1ヶ月~3ヶ月の短期留学になってしまったり、職場の理解を得るのが大変だったりします。多くの人は、留学のために会社を辞めるか、退職後に次の会社で働くまでの時間を活かして留学にいくというスタイルをとります。しかし、退職は自分のキャリアにブランクができてしまったり、退職のための会社の手続きやそれに伴う役所手続きが大変だったりと不都合が多く、これが理由で留学をあきらめる人は多いです。

大学の場合、圧倒的に留学のための時間が確保しやすいです。春休みや夏休みといった長期休みを利用しての短期留学はもちろん、休学留学での長期留学も社会人になってからよりは手軽です。卒業時期が遅れてしまうというデメリットはありますが、仕事で誰かに迷惑をかけるわけではありません。卒業時期を遅らせたくない場合は、交換留学や認定留学などの方法もあります。

とにかく、大学生は留学をするための時間を確保する手段が豊富です。この点では、学生時代に留学をすることは非常におすすめです。ちなみに、就職するのが1年~2年遅れることは社会に出てみればほとんど関係ありません。卒業時期を気にして留学をためらっている人は、思い切って留学してください!

筆者は社会人6年目にして留学しましたが、実際のところ前の会社を辞めたことを少し後悔しています。今思えば、まだやってみたいことがありましたし、元同僚が昇進していくのを見るとやっぱり羨ましいです。また、お金を稼げない期間があったことはで、精神的に苦しいものがありました。さらに、一般的に転職やキャリアチェンジをすればお給料は下がります。私は運よく上手に転職できましたが、できない可能性があったことも考えると、一大決心だったなと思います。

社会人留学の特徴2:留学資金が豊富

社会人留学の特徴2:留学資金が豊富

一般的に、社会人のほうが大学生よりも留学資金が豊富です。留学資金が多ければ行きたい学校に行けたり、挑戦したいプログラム・コース・授業をとれたり、多少物価や家賃が高くても便利な場所に住めたりします。そのほかにも、海外ならではのレジャーや旅行、現地でこそできる本格的な習い事など、自分がやりたいことに対する選択肢が格段に増えます。

私の場合も、留学資金は豊富にあったので、語学学校もプログラムも好きなものを選べました。また、語学学校に行った後、続けてワーホリをするという選択肢も選べました。渡航費もそれほど気にすることなく毎回直行便を選べましたし、何度か日本に帰ることもできました。現地で興味のあるアクティビティにはいろいろ参加し、友達とレストランで美味しいものをたくさん食べました。これはひとえに自分の資金力のおかげでしたので、しっかり費用を確保できた自分をほめてあげたいです。

大学生の場合、費用面で苦労している人は多いです。しかしながら、大学生だと選択肢が減るというわけではありません。ビザによっては現地で仕事ができますので、留学費用を補填できます。また、奨学金や留学用の学生ローンなどで留学資金を確保することも可能です。なにより、親御さんの支援が得られるというのは大学生ならではのメリットでしょう。

社会人留学の特徴3:目的をしっかりもって留学を成功させる人が多い

社会人留学の特徴3:目的をしっかりもって留学を成功させる人が多い

休職したり会社を辞めたりまでして海外に出ていくだけあって、社会人留学生は自分が何をやりたいのか、どうして留学するのかの理由を明確にして勉強している人が多いです。また、そのような人ほど留学に成功しています。ちなみに、社会人留学の目的としては以下のようなものがあります。

  • ・自分のビジネス・キャリアに関係のある分野で学びキャリアアップしたい
  • ・職場で英語を使うので語学力を上げたい(会社の研修などで多いです。ちなみに、ビジネス英語試験については、日本ではTOEICが圧倒的に有名です。しかし、カナダのBULATSなど世界にはさまざまなビジネス英語試験があります)
  • ・海外の企業でインターンシップをし、グローバルな感覚を身に着けたい
  • ・思い切ってキャリアチェンジをしたいので、海外で新しい分野について学んでみたい
  • ・MBAを取得したい(ちなみに、圧倒的に人気なの国はアメリカで、質の良い大学院や専門学校が多数そろっています)
  • ・じっくりと自分の趣味に没頭する時間・環境が欲しい(筆者の友人は、本場でヨガを学ぶために語学留学をし、英語を活かして現地で仕事をして資金を貯め、ヨガスクールに通って資格を取っていました)
  • ・休暇としてリフレッシュしたい(カナダやオーストラリアでのワーホリが人気です。ただし、ワーホリビザを申請できるのは30歳までです)


大学生でももちろん、明確な目的をもって留学に行き、成功する人はいます。しかし、目的無く海外に出て時間を持て余してしまう人、無計画に渡航してやりたいことができなかった人、勉強するつもりがバイトや遊びに時間を費やしてしまった人、なんとなく現地で生活できたものの留学で得たものが不明瞭な人など、せっかくの留学の機会を帰国後の進学や就職に活かせない人がいるのも事実です。留学前に、特に自分の専門分野を学びに行くわけではない人は、目的をしっかりさせることをおすすめします。

ところで、大学生の留学の目的としては以下のようなものがあります。

  • ・海外で語学を学びたい
  • ・海外で語学力を上げるとともに、自分の専攻分野を学びたい
  • ・将来世界に出るために、海外の大学の卒業資格が欲しい
  • ・自分の進路に迷っており、やりたいことを見つけるために海外生活を経験したい
  • ・就職活動に活かすため、海外でインターンシップに挑戦したい
  • ・就職してからでは時間が確保しにくいので、大学生のうちに海外生活を満喫したい

海外留学に社会人で行くのは失敗?

海外留学に社会人で行くのは失敗?

さきほど「後悔している」と言ったものの、私個人としては1年半の留学生活は成功体験でした。

まず、高い英語力を取得できたのは大きいです。もともとパートナーの仕事の関係上、海外で生活する期間が長くなりそうだということで留学しましたが、海外在住の今現在、留学で身に着けた英語が生きています。あの時ちゃんと語学学校に通っていなかったら……と思うと本当に留学して良かったです。日常生活や仕事面でも、英語で書かれた情報を参照することがよくあるのですが、それが難なくこなせているというのはスキルアップ面で留学が成功したといえる要因です。

価値観の変化も留学を通して得られたことです。仕事ばかりでなく自分の時間を大切にすることや、自分と違う意見の人を理解しようとすること・受け入れることは、実際にそのような環境に身を置いてみないとなかなか理解できないと思います。

挫折を味わえたのも、私にとっては良い経験でした。英語の上達がなかなか感じられず、特にスピーキングに関しては人と話すことが苦手なので非常に苦労しました。しかし、この「できない」を経験し克服したからこそ、自分に自信がつきました。同時に、「できない」の立場に立って考えたり、できないことそのものを否定しないようにしたりと、人間的に成長できたと思います。

このように、私自身は社会人で留学をしたことに満足しています。ただし、やはり前の会社を辞めてしまったことや留学期間中はあまりお金が稼げなかったことを考えると、学生時代に留学するのはありだったと思いますし、当時そのような考えに至らなかったのは少し残念です。

まとめ

まとめ

社会人の海外留学はたくさんのメリットがある代わりに、時間とキャリアという大きなデメリットとどう向き合うかが大切です。一方で、大学生の留学では社会人留学の最大のネックである時間の確保がしやすいです。キャリアのブランクに対する心配もいりません。周囲の人の留学に対する理解も得やすいでしょう。そのため、いずれ留学をしたいと考えている人は、学生の間に留学するのがおすすめです。また、さらなる進学や就職の前に日本ではできない経験をしたり、日本では見られない価値観に触れられたりすることは、自分の人生において非常に意味のあることだと思います。
しかしながら、個人の状況や考え方によって留学すべきタイミングというのは異なります。社会人留学にも大学生の留学にもそれぞれ特徴やメリット・デメリットがあるので、自分が留学で実現したいことは何かをしっかり考え、自分にとってベストなタイミングを見つけられるのが一番いいのではないかと思います。

マイリスト
に追加

記事に関するキーワード

ワーキングホリデー(19) 社会人(2) 留学(62) 語学留学(7)

このコラムが参考になったらクリック

0人の人が参考になったと言っています。

thankyou

このコラムの著者

Nagoya_office

留学thank you! 名古屋オフィスの公式アカウントです。

英語、フランス語、中国語にスペイン語など色んな言語の語学留学、ワーホリ、中学・高校、大学など幅広い留学の手配や相談を承っております。

気になる学校について、プロのカウンセラーがご案内します。
お見積り依頼や個別相談は無料です!どうぞお気軽にお問い合わせください。

愛知県名古屋市中区錦1-10-9
BFS伏見6F

Tel: 0120-419-209 / 052-228-6451
この著者の投稿一覧 >>