• 2017/07/01
  • 6406view
  • thanks!(8)
  • フィリピン
  • 豆知識

フィリピン、セブ島の日本人100人に聞きました。太りましたか?痩せましたか?なぜですか?

セブ島留学の目的の一つにダイエットと答えた女生徒が何人もいました。
実際、セブ島に留学している方、働いている方は、体系に変化があったのでしょうか?
そこで、セブ島で出会った無差別100名に「太りましたか?痩せましたか?なぜですか?」と聞いてみました。

1. 痩せた人、その理由

1. 痩せた人、その理由

29歳男性 12週間留学
3キロくらい痩せました。学校の食事を食べ終えるのが18時で、他の食事をとる事が殆どなかったからだと思います。間食も滅多にしていません。

31歳女性 セブ島主婦8週間目
2キロくらい痩せました。マッサージが安いので毎日スパに行っています。食事は殆ど外食ですが、勝手に痩せました。

23歳女性12週間留学
5キロくらい痩せました。フィリピンのお米が凄く苦手で、炭水化物を取る機会が朝食のパンくらいでした。食事を摂らなかったら、胃が痛くなって食べられなくなって。の悪循環でした。

26歳男性8週間留学
フィリピンについて直ぐに風邪をひいてしまいあっという間に痩せてしまいました。

32歳女性セブのコールセンター勤務5年
はじめの2年間で太ってしまったので、3年目から身体に気を付けるようになり結果5キロくらい痩せました。ヨガやジムに通いダイエットをしました。

2. 太った人、その理由

20歳女性16週間留学
2キロくらい太りました。勉強しているからか、兎に角お腹が空いて授業が終わるたびにお菓子食べていました。

27歳男性12週間留学
物価が安いので、外食や飲酒をする機会が多くなり5キロくらい太ってしまいました。

31歳男性エンジニア8か月在住
体感で3キロくらい太りました。実際体重は変わっていなのですが、日本で当たり前にしていた筋トレや走る事をサボってしまい。お腹ぷよぷよです。

25歳女性4週間留学
折角なのでフィリピン料理を食べてみたかったので、毎晩外食していたらお腹と顔がパンパンになりました。味が濃いのと、揚げ物が多いからだと思います。フィリピン料理大好きです。

40歳女性12週間留学
毎日ラジオ体操やストレッチを欠かさずに行っていたのですが、知らないうちに太ってしまいました。

3. 結果発表!!

3. 結果発表!!

こちらのグラフの様に、女性と男性で真逆の結果でした。

女性で太った方
間食している方が多かったです。
間食をする理由に、学校の食事の時間が早く夜お腹がすく。 勉強のストレスで食べたくなる。
ルームメイトにつられて我慢出来ない。 次に多かったのが、フィリピン料理を食べたい、挑戦したい。 少数意見では、食べ放題に通ってたくさん食べている。

女性で痩せた方
多かった理由が、
・食事が合わない。
・具合が悪く食欲がない。ずっとお腹を下している。
・ダイエットも留学中の目的。

セブで働いている方に多かった意見は、
・ちょっと太ってしまったので、ヨガやジムに通いはじめて痩せた。
・日本より安いからエステやマッサージに通っている。
・夏バテ、暑くて食べたくない。

男性で太った方
太ったと答えた方の殆どがセブ島で仕事をしている方でした。
・運動の機会が減った。
・物価が安くお酒を飲みに行く機会が増えた。殆ど外食。

留学生の男性で太ったと答えた方は、なんと7名しかいませんでした。
・理由は、学校の食事を食べてから外食もしている。
・お菓子をたべている。カップラーメンを食べている。

男性で痩せた方
一番多かった意見
・ずーっと風邪をひいている。(日本ではすごく健康なのに)
・日本にいる時より食べていない。
・太れない

少数意見は、
・学校の食事。フィリピンの食事が嫌い。

まとめ

太った方の理由は、分かりやすく食べていますね(笑)。特にお菓子の間食の量がすごいなと思いました。
あとフィリピンの料理は、脂っこい物が多いのと味が濃く、ライスを食べたくなります。
フィリピンの女性は胃下垂の方が多く、小さな身体からは想像できないほどライスを食べますが太りません。
それに合わせた濃い目の味付けなのかもしれません。ただ、30歳で高血圧や糖尿病に悩んでいるかたも多いです。長く過ごすかたは、食塩、炭水化物の取り過ぎに少し気を付けた方が良いと思います。

痩せた方で男女とも多かったのが、体調をくずしている。でした。
日本は世界中でもとってもキレイな国です。免疫が弱く、フィリピンの風邪に勝てない方が多いようです。
あとは、しっかり身体を管理している方は、風邪もひかずに身体をしっかり絞っていました。

はじめは、痩せたか?太ったか?だけを調査していたのですが、見えてきたのは自己管理の大切さでした。日本とは違う場所で楽しく過ごすには、手洗い、うがいなどをしっかりして体調管理をしっかりする事。適度な運動をする事だと思いました。
太ってしまった方でも2,3キロという方が90%以上でした。毎日しっかり食べて元気に授業を受けられている方が留学中はストレスなく理想的なのかな?とも思いました。

突然のインタビューにご協力頂きまして、ありがとうございました。

フィリピン留学について興味を持った、もっと知りたいという方は…
無料:フィリピン留学説明会

【おすすめサイト】
フィリピンへの語学留学はフィリピン留学センター
フィリピン留学の口コミは留学thank you!

マイリスト
に追加

記事に関するキーワード

フィリピン留学(57) ダイエット(1)

このコラムが参考になったらクリック

8人の人が参考になったと言っています。

thankyou

このコラムの著者

CHINTHG

友人に誘われ、17歳で初めてフランスに渡航。
それまで興味が無かった海外に夢中になる。
自ずと語学留学やワーキングホリデーへ憧れるようになる。
両親の反対もあり20代は真面目に働きながら、たまに海外旅行を繰り返した。
ワーキングホリデーのリミットである31歳手前でセブ留学とオーストラリアへのワーキングホリデーを決意し長く勤めていた会社を退社。
が、しかし”長く務めた会社を辞めてやった!”という達成感に浸り溶け切った心と身体は、ソファーに寝転がる毎日から抜け出せず、結局31歳を迎えワーキングホリデーの資格を失う。

”あー両親が反対してたからなんて嘘だ。結局わたしは意志が弱い”
自分への不甲斐なさと後悔が押し寄せた

 海外生活を夢見つつアルバイト生活をはじめて2年間が経とうとしていた時、パソコンに奇跡の文字が浮かび上がった。
「無料留学のチャンス!」ポッチっと押し応募したのが、現在も勤務している CEBU JICの日本人マネージャー募集広告だった。
「いつこれますか?」という質問に「来週にでも」と返信した。
そこから3年、現在もマネージャーとして勤務している。

現在は、セブ島でフィリピン人4名と犬2匹と一緒に現地人ぶりっこ生活を送っている。
35歳こんな事になるとは、半分の歳だったあの頃、想像もしていなかった。
この著者の投稿一覧 >>

国で探す

キーワードで探す