• 2017/09/09
  • 3014view
  • thanks!(4)
  • フィリピン
  • 海外生活情報

フィリピン、セブでのネイル事情!

こんにちは、ジーニアスイングリッシュです!

フィリピンではとっても安くネイルをやってもらえることを知っていますか??
ネイルサロンに行ってみる事に!

今回行ったお店はガイサノ・アイランドモール・マクタンの「Tiptoe Nails」
ジーニアスイングリッシュから15分くらいのお店です。
記事ではお店の紹介というよりは、セブ・マクタンでのネイル事情のご紹介。

1. ネイルサロン「Tiptoe Nails」へ行ってきました!

1. ネイルサロン「Tiptoe Nails」へ行ってきました!

こちらは年中夏、サンダルで足を見せるため足元も可愛くしときたいよね、ってことでフィリピン人はもちろん留学生もこっちにくるとペディキュアをしています。日本にいると隠れる部分だから通年通してやっている人ってそう多くないのでは……。

日本ではジェルネイルが主流ですが、残念ながらこっちではあまり浸透していません。
最近は韓国資本のビューティーサロンがたくさん出てきたので大型モールなどには店舗を構えていますが、いかんせん遠かったり何より質がよろしくない。やった人からは爪がボロボロになる上にすぐに剥がれてしまうという声が多数。

やはりマニキュアが根強く、こっちの方がいいかなーという印象。
今回はそのネイルサロン体験を書いていきます!

今回はマクタン島、空港近くにあるガイサノ・アイランド・モールの中に入っているサロン「Tiptoe Nails」へ行ってきました。

2. 大型モールのサロンがお勧め!

2. 大型モールのサロンがお勧め!

広々した店内にリクライニングソファー完備!キレイ!
ネイルサロンは町中にもたくさんあるのですが、ローカルすぎる所はあまりおすすめ出来ません。(現地の人がいくヘアサロンに大体ネイルもあります)
近くにある床屋を覗いたらネイルをしている人がいましたが、どろどろのポリッシュや座り心地の悪い椅子……。店内の清潔さや心地よさをとって、少し上乗せしても綺麗なお店に行った方が良いです。

大型モールにはどこもサロンが入っており、どこもメニュー内容、価格は大差ありません。
強いていえばポリッシュの品ぞろえくらいでしょうか。

3. カラーが豊富!

3. カラーが豊富!

ちなみに今回いったこちらはカラーが豊富!

-ノーマルなものからグッリターまで

-ノーマルなものからグッリターまで

ノーマルなものからグッリターまで揃っていました。

4. まずは甘皮処理から

4. まずは甘皮処理から

まずは甘皮処理や長さを整えます。
ちょっとがしがしやられて痛いのは、フィリピンだからって事にしておこう……。

カラーは2種類選べるというので、ラベンダーとカラフルなラメを。

まとめ

まとめ

ジェルなみにたっぷり塗られるので、乾くのにすごく時間がかかります。
わかる人はわかる、ここでの辛抱辛さ。

「終わったから出て行ってくれー」なんてことは言われなかったので、しっかり乾燥するまで寝て待っていました。30分くらいかかったかな……、長い。

丁寧に塗ってもらってお値段は250ペソ。
カラーを追加したりるすと追加料金はとられますが、どこに行ってもマニキュアなら高くても300ペソしません。

先ほど説明したローカルショップは50ペソが相場ですが、質を考えると少し上乗せしても良いでしょう。

ちなみにジェルネイルは安くて500ペソくらい(ワンカラー、デザインなし)
ローカルのところではデザインなしの格安がほとんどです。今回私がいったサロンもそうでした。

デザイン込だと800-2000ペソ。


ただしこれは韓国や日本資本のサロンでないと取り扱ってない印象。 なんだかジェルやってくれるお店探すのも疲れるし、自分でやるのが面倒、短期滞在でネイルボトル買っても使い切れないよーっという女子たちにおススメしたい、マニキュアのサロンでした

フィリピン留学について興味を持った、もっと知りたいという方は…
無料:フィリピン留学説明会

【おすすめサイト】
フィリピンへの語学留学はフィリピン留学センター
フィリピン留学の口コミは留学thank you!

マイリスト
に追加

記事に関するキーワード

ネイル(2) セブ(10) フィリピン留学(56) ジーニアス(9)

このコラムが参考になったらクリック

4人の人が参考になったと言っています。

thankyou

このコラムの著者

GeniusEnglish

フィリピンのセブ・マクタンにある英語学校「Genius English」のアカウントです!
学校の情報や、学校周辺・セブなどの現地の情報をコラムを通して発信していきます! この著者の投稿一覧 >>