• 2017/07/31
  • 1620view
  • thanks!(5)
  • マルタ
  • 海外生活情報

マルタでホームステイをする際の心構え

マルタの語学学校、IELSより、「ホームステイをする」にあたって心得ておくべきことを聞きました。飾らない現地のお話がいっぱいですので、これからマルタに語学留学に行かれる方はぜひともご参照ください!

「マルタの」ホームステイ

「マルタの」ホームステイ

北米や豪州ではホストファミリーさんは、大きな家に住んでいることが多く、車で学校まで送ってくれたり、スーパーに連れてってくれたり、休日は買い物や、観光に連れ出してくれたり、そして家族の一員として受け入れてくれることがあると聞いています。

しかしながらヨーロッパのホストファミリー業はビジネスです。英語学校は留学生がより長く、より安く滞在出来る場所をご案内できることに努めます。そこに空いているお部屋があるのでと、協力してくれているのがホストファミリーさんです。

マルタのホストファミリーはライセンス制

マルタのホストファミリーはライセンス制

マルタではホストファミリーになるために、ライセンス制度があります。IELSではその国のライセンスを取得できたホストファミリーと契約しております。
ライセンス取得の条件にはホストファミリーの英語力、留学生が快適に滞在出来るお部屋があるかなど、いろんな基準で審査されます。基準を満たされていると判断されればライセンスは取得出来ます。

ホストファミリーの役割とは?

ホストファミリーの役割とは?

ホストファミリーさんの役割は決められた食事を提供すること、といった幾つかの基本任務があります。
しかしながらホストファミリーさんには彼らの生活があります。マルタでは共働きが普通ですので、定年退職されたような家庭で無い限り、日中は在宅していないことが多いです。また定年された方や未亡人となられた方がホストファミリーをしていることもありますが、彼らは日ごろからよく出かけます。また車を所有していないホストファミリーさんも多いです。
そのため、ホストファミリーさんがどこかに連れていってくれるとか、一緒に食事に出かけるなど期待出来ません。
お互いの生活を尊重しながら生活する必要があります。留学生は留学生同士で過ごすことを期待されています。

生徒の皆様も節水・節電に協力を!

生徒の皆様も節水・節電に協力を!

ホストファミリーさんは節水、節電に対する意識が高いことが多く、生徒さんが到着されたときに、シャワーを浴びる際の時間は5~10分に、と言われたり、お部屋の出入りの際は部屋の電気は必ず消すようにとお話をされることもあります。

日本の方にはマルタの建物の中はどこも暗いと言われています。また通常生徒さんが滞在されるお部屋にはエアコンは設置されていません。設置されていても通常は使わせてもらえません。電気代が高いためです。
日本では髪を洗ったあとに髪を乾かすために使用するヘアドライヤーもこちらでは日本ほど使用はポピュラーではございません。日本からヘアドライヤーを持参されてもホストファミリーさん宅では使用を許可されなかったり、使用頻度についてお願いされることもあります。日々使う電気などは生活がかかっていますので仕方ないですね。

洗濯もご自身でされたいとご希望の方もいらしていますが、それぞれが洗濯をされるとお水の使用量が増えて、水道代が高くついてしまいます。ホストファミリーさんのルールに理解をすることは大切です。

ホームステイ食事事情

ホームステイ食事事情

ホームステイを選ばれてお支払い頂く費用には朝晩2食が含まれていますが、食事と食事の間には何も出されません。また生徒さんはキッチンへの立ち入りは禁止されています。(ヨーロッパの生徒さんの中には勝手に冷蔵庫から何かを取り出して飲んだり、食べたりしてしまうことがあるためです。)
日本では考えられないほどマナーの無い方もいるんですね。 ※写真はイメージです

コミュニケーションは積極的に!

コミュニケーションは積極的に!

ホストファミリーさんは生徒さんが積極的に話しかけることを望んでいます。
特に日本の生徒さんは話しかけても返事を英語で出来ないことが多く、ホストファミリーさん側からばかり話しかけるのも生徒さんの負担になるのではないかと、話すのを控えていることがあります。
食事以外の時間には自分のお部屋でだけ、インターネットを使用しながら過ごすのではなく、努めて話題を探して、ホストファミリーさんに話しかけることが大切です。基本の挨拶だけしていれば良いという考え方の方も多いですが、コミュニケーションを積極的にとる姿勢はと大変重要です。

考え方や捉え方は人それぞれで、マルタでは違うことだらけです。
それらを我慢するのではなく、理解する姿勢が必要ですね。

普段の言葉や顔は?

ホストファミリーさんは家族間でマルタ語を話すことがあります。また基本的に日本人のように笑顔をつくる国民ではありませんので、印象は無愛想に思えます。
また普段から大きな声で話をしますので、大変ビックリされると思います。

まとめ~最後に~

まとめ~最後に~

マルタに来られる前にどれだけ勉強してくるのかは個人の考え方次第ですが、基本の挨拶とか、会話表現はやっぱり身に付けてから海外には出るべきです。
もちろん勉強してきても緊張で言葉が出てこなかったりすることはあると思いますが、全部ホストファミリーさんに頼ることは出来ません。
今はインターネットでたくさん調べられますので、ヨーロッパの暮らしの知識をつけるとか、持ってくるものの準備より、心の準備をしてもらいたいなあと常に思っております。

<マルタ留学に関するお問い合わせはこちら>

★マルタの情報はこちらもチェック!
<人気急上昇マルタ留学!おすすめする5つの理由>
<マルタ留学3ヶ月にかかる費用と、留学生活での節約のコツ>
<マルタ留学の費用、短期~長期の予算と内訳を徹底解説>
<夏にマルタ留学する人必見!持ち物・服装・虫除け対策について>
<知ってないとトラブルも!留学生活で知っておくべきマルタの水事情>
<マルタ留学の前にチェック!現在の治安情報と5つのトラブル対処法>


★IELS Maltaについてはこちら!
IELS Malta学校紹介

【おすすめサイト】
マルタへの語学留学はマルタ留学センター
マルタ留学の口コミは留学thank you!

マイリスト
に追加

記事に関するキーワード

マルタ留学(10) ホームステイ(2) IELS(2) マルタ(1)

このコラムが参考になったらクリック

5人の人が参考になったと言っています。

thankyou

このコラムの著者

IELSマルタ

しっかりと英語を学び、流暢に話せるようになるための実践練習出来るところです。多国籍の環境の中で他の人と交流して、他国の文化を学ぶことも出来ます。限りある時間の中でどれほどの時間を有意義に使えるかはしっかりとした考えを持つことがキーポイントとなります。日本から勉強するための教材をお持ちになって準備をすることをお勧めします。「もっと話せるようになりたい。」と思えるところです。生活面では日本の生活と比べたら違うことがいっぱいです。いろいろ考えながら暮らしていく中で自己解決力がついてきます。 この著者の投稿一覧 >>