• 2019/02/05
  • 1075view
  • thanks!(1)
  • アメリカ
  • 留学準備

短期留学におすすめの国5選を徹底比較!【大学生の夏休み短期留学】-アメリカ編-

短期留学におすすめの国のご紹介第4弾!今回は、短期留学でも長期留学でも不動の人気第1位、語学のみならずダンス留学や大学留学でも有名なアメリカのご紹介です。移民に対する政策が厳しなくなっている余波を受けてビザの取得や入国審査が厳しくなっているアメリカですが、その教育の質の高さから留学に訪れる人は後を絶ちません。それでは、アリカがこれほど人気な理由とは何なのでしょうか?

アメリカが人気な理由

アメリカが人気な理由

日本と季節が同じ北半球に属するアメリカは、日本の夏休みにベストシーズンを迎えます。長年日本人留学生の人気ナンバー1として君臨してきたアメリカは憧れの地として選ぶ人が多いです。アメリカが人気な理由はたくさんありますが、魅力的な都市が多いというところも大きな理由の一つです。世界を代表する金融都市ニューヨーク、ディズニーランド・ユニバーサルスタジオなどのテーマパークだけでなく、美しいビーチも楽しめるロサンゼルス、落ち着いた環境で勉強できる学術都市ボストンなど挙げればきりがないほど魅力的な都市が多くあります。また、世界で多く広く使われ、私達日本人が習ってきた英語もアメリカ英語ですので、その本場で勉強できるというのもアメリカが人気な理由の一つです。アメリカは大学の数も世界で一番多く、大学付属の語学学校もたくさんあります。昔から多くの日本人留学生を受け入れてきた国ですので、英語初心者でも安心して留学生活を送る事ができます。

【人気な理由】
・過ごしやすいベストシーズン
・大都会から大自然まで幅広く都市を選べる
・世界スタンダードな本場アメリカ英語を学べる
・大学内にある語学学校も多い
・日本人留学生の受け入れに慣れていて初心者も安心

アメリカの短期留学でかかる費用

アメリカの短期留学でかかる費用

2019年8月に1か月間、アメリカで語学学校に通うと仮定して費用を見積もってみました。

費用は、以下を前提に算出しています。
・手配料のかからない無料のエージェントを利用
・滞在先はホームステイ
・1ドル110円(2019年2月現在)
・通学する学校はKaplan International ロサンゼルス West Wood校

【日本で必要な費用】
(内訳)
〈学校にかかる費用〉
・入学金185ドル=約20,300円
・授業料 週460ドル×4週=1,840ドル=約202,400円 ※週20レッスン=週15時間
・教材費150ドル=約16,500円

〈ホームステイ代(一日2食)〉 ・滞在手配費50ドル=約5,500円
・滞在費 週305ドル×4週+週30ドル×4週(ハイシーズン追加費)=1,340ドル=約147,400円
・到着時空港送迎費(片道)150ドル=約16,500円
計:約408,600円

ワンポイントアドバイス
・アメリカは学校の選択肢も広いため、自分だけで決めるのはなかなに難しいです。そんな時は無料エージェントを利用しましょう!エージェントに手配してもらう事によって割引になる事も多く、今回紹介したカプランもタイミングによっては10%割引になりますよ。

〈他に必要な費用〉
・ビザ費用14ドル=約1,500円
・航空券(往復) 約120,000円~200,000円
・海外旅行保険 約11,000円~15,000円
・パスポート13,000円(5年)
・消耗品(日用品、変換プラグなど)約5,000円
・お土産 約2,000円
計:約152,500円~236,500円

ワンポイントアドバイス
・アメリカは留学できる都市が多く、航空券代も様々。人気のある都市はたくさんの便がでているので、マイナーな都市よりも安くなる事も多いです。航空券は早めに購入した方が安いので、留学を決めたらすぐに購入しましょう!
・医療費が特に高額なアメリカでは海外旅行保険は必須です。
・アメリカはESTAビザ取得が必須なため、パスポートも早めに準備しましょう。
・日本らしいお土産や便利な文房具などは現地でも喜ばれます。けして高価でなくても良いですので、気持ちをこめて選びましょう!

【現地の生活にかかる平均的費用】
(内訳)
・食費1食10ドル×7日×4週=280ドル=約30,800円
・交通費 約100ドル=約11,000円
・交際費 約50,000円
・通信費 無料~30ドル=約3,300円
計:約95,100円

・日本よりも外食も物価も高いです。ファーストフードは安くて大きくて節約にはもってこいです。
・交通費は現金よりもICカードの方が安くて便利。利用する交通機関によっては回数券販売も行っていて、割引になったりもします。
・ホームステイ先にWifiがついていたらラッキーですが、もしなくてもデータ通信を購入する事もが 可能です。日本からレンタルWifiを持参しても良いかもしれません。
総合計:約656,200円~740,200円

【その他の費用】
・旅行費用 約10,000円~プライスレス
アメリカはコロラド山脈やグランドキャニオンなどの大自然もあれば、本場ディズニーランドやハリ ウッドなどのエンターテイメントも豊富です。アメリカを楽しみたいと思ったら、やはりある程度余裕資金があった方が楽しめます。どうしてもそんなにお金を用意するのは難しいという人は、語学学 校の無料アクティビティに参加すればたくさん友達を作れて交流ができますよ。

アメリカで短期留学するメリット

アメリカで短期留学するメリット

アメリカは大都市から大自然までを満喫できます。私達がすぐイメージできる憧れの都市が多々あり、夢を現実にできる場所と言っても過言ではありません。そのアメリカのベストシーズンを体験できるのが、まさにこの夏休みです。世界スタンダードなアメリカ英語を本場で学ぶ事ができ、世界中の多くの留学生と出会えるチャンスもあふれています。大学の数も多く、現地の学生が通う大学付属の語学学校であれば、現地の雰囲気をさらに味わう事ができます。

【メリット】
・大自然も大都会も満喫できる
・魅力的な憧れの都市が多数ある
・ベストシーズンで過ごしやすい
・本場のアメリカ英語を学ぶ事ができる
・多国籍な世界中の留学生と出会えるチャンスがある
・大学の数が多く、大学付属の語学学校も選択できる

アメリカで短期留学するデメリット

アメリカで短期留学するデメリット

時差が大きく、アメリカ本土だけでも3時間の時差があり、日本とは最大16時間の時差があります。また、ETASビザでの勉強時間は1週間あたり18時間未満と決められているため、午後までしっかりと勉強したい人にとっては少し物足りなく感じるかもしれません。また、費用面については他の国より若干高めとなります。

【デメリット】
・時差が大きい
・就学時間は18時間未満
・留学費用が若干高い

おすすめの学校

おすすめの学校

EC New York
ニューヨークのタイムズスクエアに位置する絶好のロケーションで、勉強も遊びも充実させたい方におすすめです。学校内は広々とした空間にモダンなインテリアで統一されとてもお洒落です。Low Intermediate(中級の初期段階)からビジネス英語が学べるEnglish for Workが開講されており、留学を就職や転職に直結させたい学生様にもおすすめです。

Manhattan Language(マンハッタン ランゲージ)
マンハッタンランゲージは講師陣とスタッフ一丸となってバラエティに富んだ授業を展開しています。講師は全員、ネイティブスピーカーであることはもちろん、ESLのフィールドで長年の経験を積んできたプロばかりです。本校では全てのコースにおいて、会話中心の授業形態をとっております。初日から英語のみを使う環境となり、活きた英語と実践的なコミュニケーションを学んで頂けます。

St Giles International New York City(セント ジャイルズ インターナショナル ニューヨーク)
セントジャイルズニューヨークシティ校は、マンハッタンの中心部の5番街のアール・デコ装飾の建物内の2フロアを占めます。エンパイアステートビルディング、メーシーデパート、タイムズスクエアなどのニューヨークの数々の名スポットは本当にすぐ!中くらいの規模の学校で、フレンドリーな校風です。放課後は、当校のソーシャルプログラムが、生徒に世界の中でも最高に素晴らしい都市での生活と学びを体験して頂く手助けをします。

Mentor Language Institute Hollywood(メンター ランゲージ インスティチュート ハリウッド)
Hollywoodの中心地Hollywood/Highlandから徒歩2分の絶好のロケーションに位置しています。(アカデミー賞が行われるDolbyTheaterからも徒歩2分)クラスは少人数からなり(約10人)会話に重点を置いたレッスンも大きな特徴の1つです。また英語だけではなく土地柄、ダンス、映画、音楽、芸術関連の学校及びスタジオも多く存在し、英語プラスを学べるとロサンゼルスでも尾最も栄えた街の1つです。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。
留学費用が他国と比較すると若干高めになるアメリカですが、有名な都市や質の高い学校で学びたい方にとっては最適な国と言えます。ご留学を検討の方は、学校の手続きやビザの申請に時間がかかることを考慮し、早めに準備を始めましょう。

アメリカ留学について詳しく見てみる

短期留学におすすめの国5選を徹底比較!【大学生の夏休み短期留学】-イギリス編-
短期留学におすすめの国5選を徹底比較!【大学生の夏休み短期留学】-カナダ編-
短期留学におすすめの国5選を徹底比較!【大学生の夏休み短期留学】-オーストラリア編-
短期留学におすすめの国5選を徹底比較!【大学生の夏休み短期留学】-ニュージーランド編-

アメリカ留学について興味を持った、もっと知りたいという方は…
無料:アメリカ留学説明会

【おすすめサイト】
アメリカへの語学留学はニューヨーク留学センター
アメリカへの語学留学はロサンゼルス留学センター
アメリカ留学の口コミは留学thank you!

マイリスト
に追加

記事に関するキーワード

アメリカ留学(12) 夏休み(7) 短期留学(7) 大学生(7)

このコラムが参考になったらクリック

1人の人が参考になったと言っています。

thankyou

このコラムの著者