• 2020/03/04
  • 161view
  • thanks!(5)
  • 留学準備

留学エージェント徹底比較!人気おすすめ留学エージェント17社!

留学したいけれど情報がたくさん手に入る今だからこそ、自分に合った留学先がどこなのか分からない、という方は多いですよね。または国や都市などは決まったけれど、どの学校がいいのか分からない、今の語学力では現地のサイトを見て調べるのは難しい、という方もいるのではないでしょうか。そんなとき、頼りになるのが留学エージェント。でも留学エージェントには無料と有料の会社があることをご存じでしょうか。また、留学エージェントを利用するにあたって、メリットとデメリットを理解しておくことが大切です。
今回は留学エージェントの種類や選び方、おすすめの留学エージェントを、各社の特長をまじえて17社ご紹介します。自分に合った留学エージェントを見つけてください!

留学エージェントとは?どんな種類がある?

留学エージェントとは?どんな種類がある?

留学エージェントは星の数ほど存在すると言われています。手数料などが有料の留学エージェントもあれば、無料の留学エージェントも。また大手企業が運営する留学エージェントもあれば、個人事業主が運営する留学エージェントもあります。これらの違いやについて把握しておきましょう。

└無料エージェントと有料エージェントはどう違うの?

・無料の留学エージェント
学校を手配する手数料がかかりません。その他のサポート費用やビザ申請代行料などはオプションとなり有料となる会社が多いようです。学校を手配する手数料が無料になる仕組みですが、留学エージェントがお客様のお申し込みを代行すると、学校からその留学エージェントに紹介料が支払われます。その紹介料を収益として運営しています。そのため、無料エージェントは比較的宣伝に費用をかけたりしませんまた、会社によってオプションのサポート内容はさまざまです。無料だから心配という方もいますが、多くは利用者が留学費用を少しでも抑えて現地で使えるお金も十分に持参できるようにとの考えで健全に運営されています。メールや電話でのやりとりだけで留学を決めるのではなく、一度、説明会やカウンセリングに足を運び、信頼できる会社なのかを見ておくとより安心ですね。

・有料の留学エージェント
学校を手配するのに手数料がかかります。学校手配費用以外に、サポート費やビザ申請代行費用などもやはりオプションとしてかかります。また、中には学校手配費用とサポート費用などが全て込みになったパッケージ料金プランを提示している会社もあります。比較的大手の留学エージェントに多く、無料の留学エージェントに比べると宣伝に費用をかけている事があります。ただし、高いといってもウンセリングオフィスの立地がよく英会話レッスンに通いやすい、サポートが充実しているという場合もあるので支払う費用と求めているサポート内容が一致しているかがポイントと言えるでしょう。

└大手から個人事業主まで規模はさまざま!
留学エージェントは大手企業から個人で運営する留学エージェントまで規模はさまざま。大手企業の場合、母体が語学スクールや塾や出版社や旅行会社などであることが多く、その母体となる親会社の特徴もサービス内容に反映されることがあります。中にはIT系企業や通信事業者など一見すると留学と関係のなさそうな企業が親会社であることも。個人が運営する留学エージェントや単体で運営されている留学エージェントの場合、代表者の考えがそのままサービスに反映されていると思ってよいでしょう。価格重視のところもあれば、サービス重視のところもありさまざまです。50人前後で運営している企業もあれば、一人でカウンセリング、手配、オリエンテーション、電話での現地サポートを行うところもあり規模も大小あります。

留学業界雄一の認証制度J-Crossに認証されているとより安心!

留学業界雄一の認証制度J-Crossに認証されているとより安心!

国が後押しして作られた留学業界唯一の認証制度がJ-Cross。

J-Cross

この認可申請の書類にあるように会社の税金の申告書(決算書も含む)も過去3年分に渡ってチェック、さらに毎年更新の度にもチェックしているので経営に不安のある企業は認証を受けることができません。そのため、基本的にJ-Cross認証の留学エージェントから選ぶとエージェントが突然倒産して学校への授業料が支払われないというような最悪の事態は避けることが出来る可能性が高いです。

留学エージェントを利用するメリット

留学エージェントを利用するメリット

留学エージェントは必ずしも利用しないと留学できないわけではありません。自分で手配するという手もあるからです。では留学エージェントを利用するメリット・デメリットはなんでしょうか。

└メリット1:留学先を相談できるので留学先を自分で調べる手間が省ける
インターネットで各国の学校情報は得られる時代になりました。しかし、情報が多くても自分にあった留学先がどこなのかはなかなか分からないもの。その点、留学エージェントには留学経験と知識が豊富な留学カウンセラーが在籍しているので、目的や希望を伝えると数あるプランの中から最適な留学プランを提案してくれます。自分で調べることも大切ですが、学校のうたい文句だけでは実情が分からない場合もあるので、多くの留学生を送り出しているカウンセラーのアドバイスは一見の価値があるでしょう。また調べる時間を、英語の勉強にあてることができる点もメリットといえます。

└メリット2:面倒な手続きをお任せできる
行き先が決まった後も、留学を実現するためにはさまざまなステップがあります。学校へのお申し込み、ホームステイや寮など滞在先の手配、航空券の手配、ビザが必要な留学プランの場合はビザの申請。それぞれ自分で行うこともできますが、慣れない作業で調べることに時間をとらてしまうかもしれません。また、ちょっとしたミスで思っていた留学が実現できない、なんてことにならないためにもプロにお任せするのは安心です。なお、ビザ申請は代行ができない種類もあり、その場合は自分で行う必要があります。

└メリット3:出発前の英会話レッスンやオリエンテーションや現地でのサポートが受けられる
出発前に英会話レッスンやオリエンテーションを実施していたり、現地でのサポートが受けられる留学エージェントの場合、初めての留学をスムーズにスタートさせるためのノウハウを伝授してくれます。また現地では慣れない言葉に慣れない土地でトラブルもつきもの。そんなとき現地でもサポートが受けられると心強いものです。到着時にも現地サポートオフィスのスタッフが出迎えてくれて到着後のオリエンテーションを実施してくれるエージェントもあります。

留学エージェントを利用するデメリット

留学エージェントを利用するデメリット

└デメリット1:自分で手配するよりも手配料、サポート料などの余分な費用がかかる
留学エージェントを利用するのにはメリットだけでなくデメリットも。ひとつ目はやはり費用がかかるという点。中には無料で手数料を代行する留学エージェントがあることをお伝えしましたが、オプションのサービスも利用する場合はそれぞれに費用がかかります。その費用を高いととるかどうかは人それぞれ。たとえば時間がなくて手続きはお金をかけてもお任せしたい人不安でいっぱいなので現地サポートがあると勇気がでるという人、または無料の英会話レッスンにたくさん通って手数料分の元をとるぞ!という意気込みの方など、自分に必要なサービスなのであれば必ずしもデメリットではないでしょう。

└デメリット2:選択肢に限りがあり、留学先に日本人が多い場合がある
留学エージェントは世界中のどの学校も手配してくれるというわけではありません。きちんと留学エージェントと学校で契約を結んだり、留学エージェントが学校の下見をしたりした上で紹介する、としているところもあります。そのため、どうしても留学エージェントが紹介する学校数には限度が生じます。留学エージェントが厳選してくれているから安心ではあるものの、そのために同じ日本人が多く集まってしまう可能性も少なからずあります。もし、そのような状況を避けたい場合はその旨をしっかりと留学カウンセラーに伝えるとよいでしょう。日本人が少ない学校を紹介してくれるはずです。

留学エージェントを選ぶポイント4つ

留学エージェントを選ぶポイント4つ

①どんなサポートをしてくれるのか
サポート内容は留学生活を左右すると言っても過言ではありません。異国の地で生活するのですから、現地に日本人スタッフがいていざというときに頼れると安心です。また、出発前に英会話レッスンがあるのかどうか、ビザの申請代行は行っているか、航空券の手配も行っているかどうかなどを確認し、自分に必要なサポートを行っているのか確認しましょう。

②費用が明確かどうか
留学プランがある程度まとまると見積書を発行してもらえます。見積書のパターンは各社さまざまで、入学金、授業料、ホームステイ滞在費、学校手配費用、サポート費用、航空券代金などが項目別に書かれたお見積りもあれば、これらが込みとなったパッケージタイプのお見積りもあります。後者の場合は、見積書の金額にきちんと費用に何が含まれていて何が含まれていないかが記載してあることが大切です。プランが固まってきたのに留学見積書を出し渋り、ざっくりした費用しか教えてもらえない場合はあまり信頼できる会社とはいえないでしょう。

③留学カウンセラーとの相性
留学のカウンセリングを受けた際に、留学カウンセラーがきちんと自分の希望や目的を聞いてくれて理解してくれているかが重要です。留学カウンセラーには知識が豊富なため、留学プランを次々と提示してくれる場合がありますが、大切なのは留学プランの量ではなく、自分にあった留学プランかどうか。遠慮なく自分が希望を伝えられるようなカウンセラーを見つけましょう。また、留学プランには良い面もあれば悪い面もあるはずなので、全てを話してくれるような誠実なカウンセラーであることも大切です。なお、留学カウンセラーはエージェントによっては、お申し込み後も出発まで担当カウンセラーがケアしてくれるところもあれば、お申し込み後は別のスタッフが担当になるところもあります。とにかく留学プランについて知識が豊富なカウンセラーがいいという方もいれば、せっかく自分の考えを共有した相手なのでそのまま出発まで相談にのってほしいという場合もあると思います。どちらがいいとは言えませんが、このあたりも確認しておきましょう。

④希望や目的にあった留学プランがあるか
自分が留学で果たしたい夢を実現できるような、希望がかなえらるような留学プランがあるかどうかは重要です。一般的な語学留学などであればどのエージェントでも実現できると思いますが、「ホームステイ先に日本人マザーがいたほうがいい」「1クラス5人までの少人数制の学校に通いたい」「料理教室にも通いたい」「オーストラリアでスキューバーダイビングのライセンスを取得したい」など絶対に外せない条件がある場合は、それらが実現できるのかを相談しましょう。

おすすめの留学エージェント17社(手数料無料)

おすすめの留学エージェント17社(手数料無料)

さっそくおすすめの留学エージェントを17社ご紹介します。

<手数料無料のエージェント>
7社のおすすめ無料エージェントをご紹介します。無料エージェントには無料以外にもそれぞれの会社に特長や強みがあります。ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

・留学ワールド
手数料無料の留学エージェントの中には現地サポートや空港出迎えサービス、ビザ申請代行は有料となるところが多い中、なんとすべて無料で対応してくれます。また、現地サポートオフィスは別の企業であり提携というスタイルの会社が多いのですが自社で世界各国主要11都市に海外サポートオフィスを運営している点もさまざまなサービスを無料化できる理由でもあり、またいざというときの連携もスムーズなので安心です。もちろん渡航前の無料英会話レッスンやオリエンテーションも充実しています。
留学ワールド

・アースタイムズ
学校情報が詳しく掲載されているのでサイト内で学校選びがしやすいこと、また見積もりサイト上で簡単にも作れるのが魅力。また、語学留学やワーキングホリデーや大学留学などがメインの会社が多いですが、海外インターンシップや海外求人の紹介も行っており、「地球を舞台に活躍する次世代の日本人」を応援してくれる会社です。海外就職も検討している方におすすめです。
アースタイムズ

・留学ドットコム
主要国を含む17カ国に対応するエージェントです。中にはシンガポール、バリ島、インド、マレーシアなど他社であまり扱いのない国もお取り扱いがあります。また留学は語学留学、ワーキングホリデー、インターシップ、専門留学、大学留学などのラインナップがありますが、中でもフィリピンを含む2ヵ国留学を得意とする会社です。サイト上でマイページを作ると学校や学校の口コミ、留学コラムなどがお気に入り登録することができます。

・スクールウィズ
自分にピッタリの学校やプランを見つけるための留学・語学留学のための総合サイトを運営しています。体験者の口コミを含め、留学情報を可視化しており、気になる学校の見積もりも見ることができます。
スクールウィズ

・イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン(EF)
イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン(EF)は、スウェーデンに本部を置き、世界40もの都市で語学学校を運営しています。また50年以上の実績もあり、その規模は世界最大級と言えるかもしれません。世界各国に直営オフィスがあり、イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパンはそのひとつ。直営オフィスでは目的に合った校舎を紹介してくれるほか、学校手続き、ホームステイ手配を行っています。

・オーシャンズ国際サポートセンター J-Cross認証事業者
世界11カ国の留学手続きをおこない、プログラムの種類は語学留学やワーキングホリデーからサーフィン留学、シニア留学、親子留学など多岐にわたる取扱があります。カウンセラーは出発前から留学中、帰国まで専属で担当となることが特長。お申し込み後に担当が変わることがないため安心して出発までの準備や渡航ができるでしょう。スタッフ全員がNPO法人留学協会認定「海外留学アドバイザー(RCA)」視覚を持っていることも強みです。
オーシャンズ国際サポートセンター J-Cross認証事業者

・ネスグローバル
世界11カ国96都市に対応するネスグローバルは、手数料無料なだけでなく格安航空券手配、週1回開催される出発前無料英会話レッスン受け放題のほか、留学中も語学力向上のための専門アドバイザーによるサポートが受けられます。帰国後は、無料英会話レッスンが留学期間により6ヵ月~1年間、週1回受け放題のサービスがあり、また外国人との国際交流イベントに参加できるのも魅力。留学で培った語学力や国際感覚を日本国内でも養うことができます。
ネスグローバル

おすすめの留学エージェント17社(有料)

おすすめの留学エージェント17社(有料)

<有料エージェント>
留学サポートの特色や強みは各社さまざま。10社のおすすめ留学エージェントをご紹介します。

・ウィッシュインターナショナル
1987年創立の老舗留学エージェント。のべ10万人以上の留学生を世界各国に送り出しています。1週間のプチ留学から長期語学留学、ワーキングホリデー、大学進学などさまざまなプログラムを扱っています。手続きやサポートは有料になりますが、出発前は無料英会話レッスンや渡航後は海外10カ国21都市にある現地サポートオフィスが24時間日本語で対応などサービスが充実しています。
ウィッシュインターナショナル

・留学ジャーナル
約20万人以上の利用実績があり日本最大級ともいえる留学エージェント。1年に4回、留学情報誌「留学ジャーナル」を発行し、精査された情報と共に留学生を応援しています。また、世界的評価としてST Star Awardsアジア最優秀留学エージェントを受賞経験もあるエージェントです。経験豊富な留学カウンセラーはもちろん、帰国後のキャリアをサポートするキャリアカウンセラーも在籍。出発前から帰国後までトータルのサポートが得られます。
留学ジャーナル

・iss国際交流センター
Z会グループの一員である留学エージェントです。2020年12月で創立30周年を迎える実績、経験豊富な会社です。世界12カ国に現地提携オフィスを設け、留学サポートや旅行手配などを行っています。出発前の無料英語講座は回数制限がなく何度でも通えるのが魅力。出発前はオリエンテーションも行われます。
iss国際交流センター

・ウィンテック留学センター
ウインテック留学センターは2018年、2019年と2年連続でSTスターアワード2019「アジア最優秀留学エージェント」を受賞した、『オーダーメイド留学』で一人ひとりの目標にあった留学を提供することを信念とする留学エージェントです。英語圏への短期留学や進学などの長期留学を中心に、ニーズに合わせてスノーボード留学、ゴルフ留学といった珍しい分野も扱うなど幅広いニーズに対応しています。
ウィンテック留学センター

・成功する留学
約30年にわたり、累計25万人の留学生が利用するエージェントです。9ヵ国15都市に現地サポートオフィスがあり、留学生活をあらゆる面でサポートでしてくれます。留学プログラムは1週間の短期語学留学から大学院進学まで幅広く取り揃え、留学経験ある留学カウンセラーが一人ひとりにぴったりのプランを提供します。
成功する留学

・beo
日本で初のイギリス正規留学無料サポート機関として名古屋にてブリティッシュ・エデュケーション・オフィスの名で事業をスタートしました。現在は株式会社beoの名前に変更しており、イギリスだけでなくアメリカやカナダを含め9カ国の学校と提携し、広く紹介をしています。短期留学や語学留学、大学・大学院進学など幅広く対応していますが、中でも大学・大学院などの進学に強いのが特長です。基本的に手続きやサポートは有料ですが、語学学校(大学等の英語コースを含む)に連続して10週間以上、留学するなどの一定の条件を満たすとサポートが無料になるのが魅力です。
beo

・ベネッセ海外留学センター
進研ゼミなどでおなじみの株式会社ベネッセグコーポレーションループが運営する留学エージェント。小学生から大学生を対象にした短期留学、また海外進学留学を中心に扱っています。募集型企画旅行にあたる短期留学の場合は添乗員がつくので初海外の方でも安心です。現地サポートオフィスはありませんが、困ったときは24時間日本語で相談できる窓口が設けられています。プログラムによってグループ会社の強みを生かし出発前の英語準備もサポートしてくれます。
ベネッセ海外留学センター

・ECC海外留学センターLET'S
1971年よりECCは海外研修旅行をスタート。ECCは1961年に創立と、語学教育の分野に長い歴史があります。留学プランはひとり一人の希望に合わせたオーダーメイド留学が主流。1週間の短期留学から長期留学、大学進学や仕事体験など希望に応じて留学プランが作れるのが特徴です。留学中も留学前も同じカウンセラーが担当となるので、知っている方に相談ができるのが魅力。またECCならではの特長として、人材派遣のECCベストキャリアを通じ、留学で培った語学力などを活かした仕事、ECのスタッフや講師の仕事、ECCジュニアホームティーチャーなどの進路も案内してもらうことができます。
ECC海外留学センターLET'S

・ACOSTA海外留学情報センター
近畿日本ツーリストグループの株式会社ユナイテッドツアーズが運営する留学会社。1週間~4週間までの短期留学プログラムは往復航空券、送迎費用、入学金、授業料、滞在費などが込みになったパッケージプランが豊富にあること、またその他のプログラムは希望に応じてオ―ダ―メイド留学プランが作れます。株式会社ユナイテッドツアーズは航空券のホールセラーなので、最適な航空券が手配できるのが強みです。
ACOSTA海外留学情報センター

・エデュケーションジャパン
株式会社海外教育研究所が運営するエデュケーションジャパンは主に大学生や社会人の留学の手続きやサポートを行っています。一方、同社が運営する海外教育研究所では小学生・中学生の留学支援を行っています。カウンセリングはキャリアカウンセラーや心理カウンセラーの資格保持者がいることからさまざまな面でアドバイスが得られるのが魅力。また、渡航前の事前準備も充実しておいて、全員に個別オリエンテーションを実施するほか、進学を予定している場合はエッセイの添削や面接指導なども受けられます。国内教育機関とも提携して進学予定者、帰国子女受験希望の方の対策準備もサポートしてくれるのが強みです。

説明会やカウンセリングにいってみよう!

説明会やカウンセリングにいってみよう!

留学エージェント選びですが、まずは資料請求をしたり、留学説明会に参加したり、留学カウンセリングを受けてみましょう。そして、留学エージェントを選ぶ4つのポイントでお伝えしたことを意識してみてみてください。自分にピッタリの留学エージェントを見つけて 希望にかなった悔いのない留学を実現さしましょう!

マイリスト
に追加

記事に関するキーワード

留学(73) 語学学校(30) エージェント(2)

サンキュー済み

5人の人が参考になったと言っています。

このコラムの著者

Risa_Taguchi

中学生の頃から当時の人気ドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」の影響で海外の高校に憧れを抱く。高校1年の夏休みにカナダに短期留学。カナダの魅力にはまり、高校2年のときに、カナダの高校へ交換留学をする。大学在学中、アルバイトでお金を貯めては、イギリスに短期留学やアメリカ、カナダなど海外旅行へ。大学在学中のアルバイトは、外資系留学エージェントで留学出発前の高校生の英会話講師、ファーストフード店員など。卒業後、OA機器メーカー勤務を経て、大手留学エージェントへ転職。13年間勤務し、留学カウンセラーや留学プログラム企画に携わる。 この著者の投稿一覧 >>